FOMA契約(ガラケー,古いスマホ等)から機種変更すると得するスマホまとめ


フィーチャーフォン(ガラケー)やキッズケータイ、あるいはXi・LTEに対応していないスマートフォン、いわゆるFOMA契約を続けているという人はどれだけいるでしょうか。

今ではすっかり珍しくなったこれらのFOMA契約について、ドコモは現在管理コストを下げようとしているのか、FOMA契約をXi契約へと移行させたがっています。

この回線巻き取りの一環として、FOMA契約から機種変更をした場合に通常よりも安く機種変更出来るスマートフォンが一部機種を対象に出てきています。普通の機種変更だと月々サポートが少なくて実質価格も高額になってしまいますが、FOMAからの機種変更という形を取れば月々サポートが機種代金同額相当のものへと増額されます。

FOMAからならば機種変更でも維持費が抑えられるため、この機種変優遇が効くスマホがある内に新しいスマホへの変更を 考えてみてはどうでしょうか。今回はそのFOMA機種変更優遇スマホの内容を紹介していきます。

Xperia Z3 compact SO-02G

so02

ドコモオンラインショップでの週間販売ランキング・月間販売ランキングで常に上位を維持しているベストセラーであるXperia Z3 compact SO-02GがまずFOMA契約から機種変更する場合にオススメ出来るスマートフォンの1つです。

Xperia Z4が発熱問題で炎上、Xperia A4がほとんどスペックが変わらないのに料金が高いということで、今ユーザーの多くは最新版のXperiaではなく、料金が安くて不具合の少ない高評価が出ているXperia Z3シリーズを契約する流れが生まれています。

Xperiaの機種変更を比較 A4 SO-04GよりZ3 compact SO-02Gが0円機種変可能で安い

特にXperia Z3 compactは4.6インチという調度手に収まる大きさで、カラーバリエーションも豊富ということで男女問わず人気になっており、Xperia A4が発売されても未だに生産が続いている人気っぷりを見せてます。

Xperia Z3 compactは、FOMAからの契約を行うことで、通常の機種変更よりも月々サポートが19,440円も増額されるサービスが行われ、実質価格は0円という安さで契約できる事になります。2年間で実に68,688円もの割引きが適用されるようになり、機種変更として異例の高額さです。しかもFOMA契約が10年を超えている場合、更に追加で10,360円の月々サポートが増額となり、実質価格は0円どころかマイナス、2年間の割引は8万円近くなる計算です。

FOMAからの機種変更を考えている場合には、まずこのスマホを比較対象に入れることから始めるようにしましょう。あらゆる面で万能さを発揮する完成度の高いスマホです。おサイフケータイや防水・防塵に対応し、iPhoneにはない日本向けの機能性をもったFOMA機種変更向けのスマホです。

SO-02G 通常 FOMA機種変更
価格 68,688円
月々サポート ▲2,052円 ▲2,862円
実質価格 19,440円 0円

Xperia Z3 compact SO-02Gの詳細はこちら

 

AQUOS EVER SH-04G

sh04

何度かこのスマホについては触れていますが、AQUOS EVER SH-04Gはドコモが用意した機種変更用スマホであり、新規やMNPではむしろ高くなるという不思議な性質を備えたスマホです。

AQUOS EVERもXperia Z3 compactと同様にFOMAからの機種変更で実質0円、10年超えならマイナス価格です。

Xperiaとの違いはどこにあるのでしょうか。まずはスペックです。スペック比較ではAQUOS EVERとXperia Z3cでは全然性能が違います。AQUOS EVERは機種変更用の廉価スマホとして発売されているため、性能ではXperia Z3cのほうが上です。CPUは同じSnapdradonと呼ばれるものを使っていますが、AQUOSが410、Xperiaが801と型番が異なり、Xperiaのほうが高性能です。そのため性能を重視するならXperia Z3cのほうが良いことは確かになるでしょう。

ではAQUOS EVERのメリットはどこにあるのか。同じ実質0円で性能が低いのならばXperia Z3cを選んだほうが良いはずです。実は同じ実質0円と言っても月々サポートの金額と機種の一括価格はまた別です。AQUOS EVERは機種本体の料金が安くなっているため、2年間の継続利用が前提で実質0円になっているスマホを、もしも2年満期終えることなく機種変更や解約をしてしまった場合でも、機種本体の価格が55000円と安くなっているため、途中で月々サポートによる実質価格向けの割引が途切れても、本体にかかる残りの残債について負担が少なくすることが出来ます。

2年使うならXperia Z3c、途中でMNPや機種変更をしそうな時はAQUOS EVERという考え方をするといいかもしれません。

詳しいスペックなどは以下の記事で書いています。

ドコモの夏モデル、機種変更で安いAQUOS EVER SH-04Gが中高年にオススメで人気のスマホ

SH-04G 通常 FOMA機種変更
価格  54,432円
月々サポート ▲1,836円 ▲2,268円
実質価格 10,368円 0円

AQUOS EVER SH-04Gの詳細はこちら

 

ARROWS NX F-02G

f02

上の2つの機種はコンパクトなハイスペック、安くてミドルスペックという特色を持ったスマホです。次のARROWS NX F-02Gは大画面のハイスペックスマホという特徴を持ったFOMAからの機種変更優遇スマホです。フルスペックのハイエンドスマホが欲しい場合にはこれでしょう。

ARROWSはF-04Gで大コケしましたが、F-02Gはかなり評価の高い機種です。不具合などの少ない直近のシリーズモデルの中では最も新しいものになります。日本向けフル機能という点ではXperia Z3cよりも充実しています。

FOMAからの機種変更では月々サポートの総額が9万円を超えて実質0円で交換することが出来ます。通常のXi契約からの機種変更と比べてなんと5万円以上の差があるので、相当にFOMA契約は優遇されています。一方で機種本体の価格も同様に9万円以上するため、このF-02Gは2年間使うことを前提に機種変更しないとお得さのメリットを受けることができません。

2年以内に途中解約や途中機種変をしてしまうと9万からの残債支払いが割引なしで発生するため、それを予定している場合はAQUOS EVERのほうがいいと思います。2年間使う前提ならフルスペックなARROWS NXがいいと思いますが。

F-02G 通常 FOMA機種変更
価格  93,312円
月々サポート ▲1,566円 ▲3,888円
実質価格 55,728円 0円

ARROWS NX F-02Gの詳細はこちら

 

iPhone 6

iphone

こちらはFOMA契約からの機種変更でも全くメリットはありませんが、なんだかんだいって人気が高く、実質価格の安くなる月々サポートが高額に適用されるため、FOMAからの特典がなくても機種変更ではありな契約かもしれないです。

iPhoneの場合はリセールバリューが高く、下取りでも高額に引き取ってもらえる可能性があり、iOSの操作に困ったときにも検索すれば解決しやすいメリットがあります。ここまで出てきたAndroidスマホと比べると防水やおサイフケータイ機能がないデメリットもありますが、そこが気にならないようならば無難なiPhone 6への機種変更も安い料金になるかと思います。

iPhone 6 通常 FOMA機種変更
価格 84,240円
月々サポート ▲2,619円
実質価格 21,384円

iPhone 6の詳細はこちら
以上のスマホの中でiPhone以外はFOMAからの機種変更で料金が安くなるドコモのスマートフォンになります。

長く使う予定ならばF-02GやSO-02G、機種変更を2年以内に再度やる予定だとSH-04Gが本体の価格が安いということ、iPhoneだとリセールバリューがあるということで向いているかもしれません。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です