SoftBankのプリモバイル契約時に事務手数料が発生するように改悪!

top

ドコモからiPhoneが出るという話題が世間を賑わしてますが、ソフトバンクはもうその対策をとっているようです。
ソフトバンクから発売されているMNP弾「プリモバイル」が改悪されてしまいました。「プリモバイル」は1万円弱でドコモやauにMNPできるMNP弾として使われてきましたが、この「プリモバイル弾」の購入費用が値上がりしてしまうようです。
ソフトバンク製MNP弾が新規で3150円の費用増になりそうです。

ソフトバンクの「プリモバイル」紹介ページにこのような文章がかかれていました。
http://www.softbank.jp/mobile/support/prepaid/steps/

各種手数料について
ソフトバンクプリペイドサービスに新規加入および機種変更をされる場合、別途手数料が必要となります。
契約事務手数料:3,150円(税込み)
機種変更手数料:2,100円(税込み)

なんとまぁ「プリモバイル」を契約する時に事務手数料を発生させるように改悪をしてきたのです。それも新規だけでなく機種変更にまで。9/6からプリモバイルの新サービス「プリスマ」が開始されていますので、「プリモバ」から「プリスマ」へ変更しようとおもっていた人も手数料を払わなければいけなくなりました。

幸い今の期間は事務手数料が無料キャンペーンということで、今なら契約しても事務手数料は発生しないようです。ですので、もしMNP弾を欲しいとおもっている人がいれば、今のうちに契約しておきましょう。
もしもドコモからiPhoneが発売されたら、MNP弾として「プリモバイル」を使う人が増えるとおもいますので、ソフトバンクは事務手数料の無料キャンペーンを終わらせるでしょう。ですので、今が「プリモバイル」を買うには最後のチャンスだとおもいます。
SoftBankのプリペイド携帯をMNP弾として使う方法と費用 | スマライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です