SoftBankがガラケー通話し放題割開始 またもや月300円のかけ放題ガラケーの契約が可能


SoftBankがガラケーのりかえ割の後継キャンペーンを用意してきました。こちらを利用すれば再び月300円で通話し放題のガラケーを手に入れることが出来ます。

難しいところはほとんどなく、基本的にMNPしてしまえば相当にオトクな契約が出来てしまうようになっていて、2台持ちを計画している人にとっては絶対に活用してもらいたいプランです。

通話を特に普段の生活で頻繁に行う人にとってこの契約は、通話料を大きく削減してくれる手助けをしてくれることは間違いありません。

このガラケー通話し放題割について詳しく解説してみます。

 

ガラケー通話し放題割は通話定額が格安で運用できる料金プラン

6月30日からはじまった新しいキャンペーン向けのプランは「ガラケー通話し放題割」というSoftBankの通話向け・ガラケー対応のプランです。

ガラケー通話し放題割が適用されると3年間限定の1080円割引が適用されて、毎月1296円でガラケー向けの通話し放題プランを契約できます。

更にパケット代も0円からのプランを契約できるので、通話だけで使いネットは別に2台目として格安スマホなどを用意すれば、通話料もネットの接続料もどちらも安くした携帯代を実現することができます。

データ通信を安くすることができる方法は結構多いですが、通話料を安くする方法というのは限られており、今回はその中でも料金や契約の条件含めてかなりの好条件で契約できるキャンペーンプランです。

 

ガラケー通話し放題割の維持費は基本1620円も、月月割対象プランのため300円まで削減可能

ガラケー通話し放題割は1296円の基本料に加えて、S!ベーシックパックと0円から始められるパケットし放題プランが合わさって合計の基本料は1620円になります。

SoftBankの公式では1500円という案内ですが、税込みでこちらの料金になります。

この基本料金で、契約と割引はともに3年間継続となります。※修正:契約2年、割引3年です。

このままの料金でもガラケー通話し放題割は安いのですが、こちらの契約は更に安くなる余地があります。

 

なぜならばこの契約には契約するガラケーによって月々割がそれぞれ適用されるようになっています。そのため高額な月々割を持つガラケーを契約すれば、1620円よりも更に安い維持費での運用をすることが出来ます。

例えば今のSoftBankガラケーでは「AQUOSケータイ2」や「DIGNOケータイ」といった主要2機種が、MNPでは1320円の月々割が適用されているので、こちらのケータイを契約すれば高額な割引を付けた上で購入することができます。

具体的にAQUOSケータイ2を購入した時の維持費についてを表にしてみました。割引が含まれることで1620円の料金がどれぐらい安くなるのかを確認してください。

AQUOSケータイ2
ガラケー通話し放題割 1296円
S!ベーシック 324円
パケットし放題 0円~
AQUOSケータイ2MNP月々割 ▲1320円
合計 300円

AQUOSケータイ2には1320円の割引があるので、これが1620円の料金に適用されるとなんと月額はたったの300円に!

300円でガラケーの回線が持てる訳です。しかもこの回線は24時間の通話定額です。5分間などの限定された通話定額ではなく1回で何時間でも通話ができるタイプの契約が、月に300円という安さで利用できる驚異的な契約ができるわけです。

今まで通話をよくしてきた人は、こちらのキャンペーンプラン「ガラケー通話し放題割」に変えることによって、通話料を恐ろしく安く節約することが出来ます。これにデータプランだけにした格安スマホを組み合わせれば、1000円前後で通話定額とネットが使える契約を完成させることが出来てしまいます。

あまり煽りたくはないですが、どう考えてもオトクすぎます。

この内容で使うには端末を一括で契約することが条件となりますが、後述するショップなどでは一括1~2万円で契約できる案件が出てきているので、端末の一括購入には苦労しないでしょう。

 

前機種ガラケーが条件も、無視しているショップは多い

このガラケー通話し放題割は契約条件の一つに、MNP元がガラケー契約であることが必要になってきます。そのため本来の条件では今ガラケーを使っている人でないと契約できないことになります。

今スマホを使っていて2台持ちに変更して維持費を安くしたい、と思っている人はこのキャンペーンプランを契約できないということになります。

ただこの条件は実態としては形骸化しています。総務省向けに突っ込まれないように対象を限定しているように見せて、実際に店舗での契約を行う際にはほとんどそちらの確認はされません。

流石に対象となっているY!mobileやディズニーモバイルのようなSoftBank系列の事業者からのMNPではガラケーかどうかというのが簡単に調べられてしまうので偽ることは難しいのですが、docomoやauからであれば調べようがないので問題なくMNPしてこのキャンペーンプランを契約することが出来ます。

同じようにガラケーからMNPが条件にされているスマホデビュー割でも、ガラケーからのMNPが条件にされずに受け付けているショップが一部で目立っているので、同じ要領で普通のMNPでもこの300円かけ放題プランは契約できるでしょう。

 

おとくケータイ.netとケータイ乗り換え.comで案件あり

さて一括1~2万円で買える、ガラケーかどうかを確認しないショップがある、と言われてもそれがどこのショップなのか具体的に言えよ、と感じている人もいることでしょうから、そちらの案内をしましょう。

一括1~2万円で契約出来て、更にスマホデビュー割の時のようにガラケーからのMNPという条件を無視してきたという実績があり、全国から申し込みが出来るという特徴を持っているのがおとくケータイ.netとケータイ乗り換え.comの2つのSoftBank代理店が当てはまります。

この2つは前にガラケーのりかえ割が行われてきたときも、おそらくは一番申し込みが相次いだ代理店だと思います。その実績から今回のガラケー通話し放題割でも案件を用意してくれています。

こちらに

ガラケー通話し放題割を適用してAQUOSケータイ2またはDIGNOケータイをdocomo(or au)からMNPで契約したいと思っています。

一括契約、維持費の目安としては300円を前提に考えているのですが、
在庫の有無
一括購入価格
契約に必要なオプションやプランの条件
について教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

的な文面で問い合わせてみましょう。

 

ちなみにおとくケータイ.netではAQUOSケータイ2を一括25000円で購入できるようにして、月額300円で通話し放題回線が作れる契約を用意しています。

こちらの契約を行えば今回紹介した方法・運用費で利用することが出来ます。

その際にはキャンペーンIDとして「ID:2582」で契約したいと申し込みましょう。上記のメールの冒頭にでも書いて問い合わせれば300円運用ができる契約をスムーズに申し込むことが出来ます。

なお7月12日の時点でおとくケータイ.netはガラケー在庫がなくて案件が用意できなくなっています。ケータイ乗り換え.comのほうはカラーが限られるようですがまだ在庫ありでなおかつおとくケータイよりも5000円ほど価格が安いので、今狙うならこちらをオススメします。

 

ネット経由で全国から申し込めるので、近場のショップでこちらの案件が見つからなくても大丈夫です。地方では見つからないこともあると思いますから、この契約のしやすさは貴重です。

300円の通話定額ガラケーに興味のある人は、ぜひこちらのネット代理店から契約すると良いでしょう。

2 件のコメント

    • 本当だ!2年更新契約のノーマルプランでのキャンペーン割引適用ですね。
      修正しました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です