ガラケー(SH-06G)やタブレット(iPad Air2)が一括0円!docomoの安売りを見逃すな

sh06g

年末に購入すべきとっておきの安売りがdocomoで行われています。

docomoでは12月から随時「特価販売機種」を増やしており、今かなりの数のスマホやタブレット、ガラケーが格安でお手頃な価格で販売されはじめています。

スマホだけではなく幅広い機種形態から選べる特価販売機種が用意されているので、自分がこれから使おうと思っている機種も安売りが開始されているかもしれません。

この機会にこれらの特価機種で何が特に注目すべきかをまとめてみたいと思います。

ガラケーが一括0円!SH-06GとF-05Gの機種変更が激安

まず最初の注目特価機種はガラケーの機種変更が一括0円でできるという内容のものです。

ガラケー機種の種類が少なくなってきたなかで、安く契約できるようなガラケーというものが見当たらなくなってしまいましたが、12月から機種変更でも一括0円で契約できる機種が特価セール機種として出てきているので、今ガラケーの新品が欲しい人には狙い目となっています。

一括0円での販売が開始されたのはAQUOSケータイ SH-06Gとarrows F-05Gの2機種です。

いわゆるガラホと呼ばれるLINEも使えるAndroid OSベースのガラケーが全オーダーで一括0円購入の対象です。

全オーダーということなので、新規やMNPといった一括0円が行われやすい契約方法だけでなく、今回機種変更でも一括0円が契約できるようになっており、その注目度がこれまで以上のものになっています。

現状予約購入がほぼ必須なぐらいに人気となっており、即時在庫を確保して購入することができませんが、現在セール中の機種の中でも特にお勧めしたいものになっています。

こちらの機種はFOMAのガラケーになるため、今FOMAの契約でガラケーやスマホを使っている人でないと機種変更はできません。ただしFOMAのプランで使っているならば積極的に機種変更しても後悔しない契約なのは間違いないので、ガラケーユーザーの人はオンラインショップで予約しておくと良いでしょう。

FOMAからの機種変更でないとダメだという条件の他にも、いくつか条件があるので確認してください。

  • 前回の機種変更から6ヶ月以上が経過していること
  • 契約から14ヶ月以内に解約や機種変更をした場合、解約金とは別に契約解除料(約18000円)が発生

一括0円で機種変更した直後にMNPや解約をされると、docomoも赤字になってしまうため、機種変更した後は最低でも14ヶ月は使わないとダメだという制限があります。

ただ契約プランはFOMAの安いプランで可能になるわけですから、14ヶ月以上の契約が条件とされても何も問題は無いはずです。

まずはこのFOMAのガラケーが機種変更でも新品を一括0円で契約できるというのが12月からの特価販売機種の中で注目に値する内容です。

 

iPad Proが一括2万円台から!mini4やAir2は一括0円~13000円という安さ

次に特価販売機種の対象になっている中での注目はタブレットです。今docomoの販売しているタブレットの半分近くが安く値下げされているわけですが、中でもiPadの値下げが物凄い人気が出ています。

12月からdocomoでは取り扱っているiPadのほぼ全てを端末購入サポートの対象に入れており、これによって一部のモデルでは一括0円で買える機種が出てきていますし、それ以外の容量の大きいモデルでもかなりお買い得と言えそうな価格になっていて、タブレットの導入を考えていた人なんかには無条件でオススメな契約となっています。

まず一括0円になっているのはiPad mini4とiPad Airの32GBです。この2つのタブレットの最低容量モデルが新規契約だけでなく機種変更契約でも一括0円となってます。これはコスパの良さではかなり目を引く内容であるのは間違いないでしょう。一応最新モデルの一つであるこの2機種が0円で買えます。

そして64GBや128GBの大容量モデルも、5184円と12960円というわずかな値上げになっているので、iPad mini4とiPad Air2はどのモデルでも一括特価機種と言えます。

これらの2機種もお買い得ですが、これまで値下げとは比較的無縁だったiPadの最上位モデルであるiPad Proも今ならば一括価格が大幅に安くなって売られてもいます。

流石に一番安いモデルであるiPad Pro 9.7の32GBでも22680円からと0円にはならないものの、一括でこの価格というのはこれまでの相場と比較すると相当に安いです。Appleペンシルも同時購入で1万円引きの割引が入り約3000円ほどで追加購入が可能な特典もあり、iPad Proの環境を整えるには最高のタイミングとなっています。

最上位モデルの12.9インチの256GBモデルでは一括6万円が必要になってくるものの、iPad Proが一括2万円からというのは超絶狙い目な値下げタブレット特価になりそうです。

新規でも機種変更でも契約できるので、これまでdocomoのタブレットを使っていた人でもこのiPad値下げの恩恵を受けることが出来ます。

ちなみに毎月の料金はシェアオプションとタブレットデータプランで2700円に納まります。

 

スマホは機種変更ならiPhone SEや648円のMONO MO-01Jが安い

上記はガラケーやタブレットですが、スマホでも値下げがされて一括契約のしやすいスマホが揃っています。

スマホの特に機種変更に目を向けると、2つのスマホが目立った存在になっています。

一括648円で機種変更できるミドルレンジスマホのMONO MO-01J、そして一括15552円から機種変更できるiPhone SEがその対象です。

どちらもガラケーのSH-06Gなどと同じく、14ヶ月継続して利用することを前提とした一括価格ですが、機種変更ということを考えると非常に安いスマホであるというのは間違いないです。

機種変更にはどちらもオススメです。デザインがXperia寄りで完成されているミドルレンジのMONO MO-01Jは料金重視、iPhone SEはより長く色々なことに使うつもりであるのならばこちら、といった具合に適している機種変更の方法があるので、自分の使い方をよく考えた上で選ぶといいでしょう。

いずれにしても機種変更対象スマホとしてはかつてないほどに安くなっているので、ぜひこちらを購入候補にいれるといいでしょう。

 

新規とMNPなら最新冬モデルが大幅値下げ

スマホは機種変更だけでなく新規・MNPでも安いモデルが出てきているわけですが、新規とMNPだと機種変更以上のスマホが揃っているので、こちらの契約方法でdocomoと契約できるようならばかなり注目してよい特価販売機種です。

新規とMNPで安いのは6機種です。

その中でも注目なのが3機種あります。Xperia XZ SO-01J/Xperia X compact SO-02J/Galaxy S7 edge SC-02Hです。

この3つの機種が一括2万円台、Galaxy S7 edgeに至っては1万円台での契約が出来るようになっています。

新規とMNPが必要とはいってもこの料金の安さは、販売したての機種に対しての価格としては破格に近いものなので、子供やシニア層な家族向けのスマホはもちろん、家族全員で格安機種を購入しつつdocomoに移りたいと考えている場合にも有効です。

メインとしてこれ一台で使おうとした場合の料金は約7000円ほどからですが、シェアオプションで2台目に入れた時には2700円とタブレットと同額に持てるので、あと数ヶ月で新年度に変わる学生なんかに本格的な回線として渡すのが良さげです。

これらのガラケー・タブレット、そしてスマホが今docomoが大特価で販売している機種になります。

特にFOMAのガラケーを今使っている人、そして一番性能がしっかりしているタブレットを安く買いたい人は今すぐにでも在庫確保のためにオンラインショップで予約をしたほうが良いかと思います。

それぐらいにお買い得さがみられる特価です。

オンラインショップでは頭金がないため今回の料金そのままで契約できます(頭金の問題点についてはiPhone 7の頭金に関する記事で説明しています)。2160円の機種変更事務手数料も0円なのでdocomoではドコモショップや家電量販店よりもオンラインショップのほうが安心できます。

なるべく安く損をしないように契約の方法を工夫し、こららの年末特価機種を契約してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です