よりよく睡眠の質を高める方法


 

睡眠方法にはいろいろあります

古くからのやり方であれば、「羊を数える」という方法。あるいは効果があるのかわからないけれども、とりあえず効きそうだなと思われるのが「ホットミルク」

なんとなく効きそうなやり方を日々私たちは調べもせずに使っていますが、本当に睡眠をしやすくなる方法というのはあるのでしょうか

科学的に検証されている睡眠方法について紹介します

その1

音楽を聞く

就寝前に音楽を聞くことは、よく眠れるという研究結果が出ています。

就寝前に1時間から30分間ほど音楽を続けて聞くことで、40%の人の睡眠の質が改善したといいます

その際に聞く音楽はゆったりとしたリズムを刻む音楽であることが望ましく、呼吸などの体のリズムとあったものを聞くと睡眠に入りやすいとのことです

 

その2

落ち着いた&懐かしい情景を思い浮かべる

羊の数を数えるという睡眠方法がありますが、これも中々効果的だそうです

しかしもっと効果的なのが、落ち着いた&懐かしい情景を思い浮かべることだとか

なんでもそうした情景を思い浮かべることで、脳全体が緊張からリラックスへと状態を変化させるため

その変化の過程で睡眠導入へと進んでいくのだとか

落ち着いた情景を思い浮かべたほうが、羊を数えるよりも時間にして30分ほど早く眠りにつけたという実験結果がでています

 

その4

あえて布団から出て移動する

布団やベットの中で、どうしても眠れずにゴソゴソしがちな時はありませんか?

そんな時はあえて布団やベットから出て、緊張感を忘れさせることが大事です

自分の落ち着く場所に移動し、肩のこりでもほぐしながら眠くなるまで静かに座っているのが睡眠への近道です

その時に注意したいのがテレビやスマートフォンなどを見ないことです

緊張感をほぐすことが目的であるため、脳を興奮状態にさせがちなこれらの電子機器はなるべく見ないようにしましょう

 

その5

寝る前にお風呂で体を温める

寝る2時間前にお風呂に入りましょう

体が暖まった後に体温が下がることで脳がリラックス状態になり、体が睡眠に適した状態になります

これは特にお風呂に入ることが重要というわけではなく、体を温め、その後に体温を下げることによるリラックス効果が睡眠導入に重要な効果を与えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です