docomo、iPhone6sに家族まとめて割を1台からでも適用に!機種変更実質1万円からの大幅値下げを敢行


先日の記事でSoftbankのiPhone 6sの値下げが凄いと伝えましたが、それよりもっと凄い値下げがdocomoで行われていました。

ソフトバンクがiPhone 6sを実質10,800円の投げ売り価格に値下げ!コジポ併用でマイナス価格に | スマライフ

docomoではSoftbankと同じくiPhone6sが値下げされています。

この値下げ後の価格は、通常の状態ですとSoftbankのiPhone6sの価格と比べて高めな料金になっているのですが、実はdocomoの場合家族まとめて割というキャンペーンが実施されている関係で、この分の機種代値引きも適用されて値下げ額が3キャリア間でトップとなっています。

この詳細について説明していきましょう。

docomoのiPhone6s、家族まとめて割の適用価格

まずは詳しい説明に入る前にdocomoのiPhone6sシリーズの価格・値段というものを確認してください。こちらの左にある価格が家族まとめて割適用前のもので、右が家族まとめて割適用後の価格です。基本的に今なら右の価格で買えます。

iPhoneモデル 実質価格
iPhone 6s 16GB 15552円→10368円
iPhone 6s 64GB 20736円→15552円
iPhone 6s 128GB 33048円→27864円
iPhone 6s Plus  16GB 20736円→15552円
iPhone 6s Plus  64GB 33048円→27864円
iPhone 6s Plus  128GB 45360円→40176円

家族まとめて割適用後の価格だと16GBモデルで10368円となり、最安としていたSoftbankのiPhone6sの価格よりも安くなります。そして64GBモデルに至っては15552円という破格の安さになっていて、これは安いスマホを探していた人にとってはいきなり現れた本命良コスパ機になりそうです。

iPhone 6s Plusも全体的に低価格なものになっていて、大容量モデルで高額になってしまうiPhone 7 Plusよりも買いやすい値段であるのは間違いないでしょう。

これはお得だお得だ言っていたSoftbankのiPhone 6sよりも更にお得な価格になっているので、iPhone 7でなくても良いから安いiPhoneを契約したいという人には絶対オススメ出来る価格と機種です。

 

家族まとめて割の適用について

しかしある程度スマホの料金プランに詳しい人ならここで疑問を抱くはずです。「2台以上の契約が適用条件の家族まとめて割を使った割引は、一部の人が適用できない」と。

家族まとめて割は本来同じファミリーグループの人達が指定された期間内に2回線以上を指定された機種への契約手続きを行っていないと、適用がされないキャンペーンです。

このため家族まとめて割を適用した価格を安いと言ってしまうのは、普通に機種変更をする前提で考えた時に不適切な表現になることでしょう。

しかしです。これまで2台以上の契約を適用条件としていた家族まとめて割が、このiPhone 6sの値下げが行われた9月16日から特殊な条項を設けていて、これによってiPhone 6s1台でも家族まとめて割の割引が受けられるようになっているのです。

その文言がこちら。

iPhone 6s/iPhone 6s Plusをご購入の場合
1台のみのご購入の場合も、対象機種ご購入時に以下の対象料金プランのいずれかをご契約いただくことで割引対象とし、機種代金をその場でお値引いたします。
対象料金プラン:「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン」「データプラン(スマホ/タブ)」

https://www.mydocomo.com/onlineshop/campaign/campaign_detail.html?campaign_code=family_matometewari

iPhone 6sシリーズの契約においては何故か家族まとめて割という名前なのに家族と一緒に契約しなくても家族まとめて割の5184円割引を受けることが出来ます。しかも他の機種はシェアパック10以上の契約が適用条件として必要なのに、iPhone 6sシリーズではなんとデータプランでも家族まとめて割が適用可能という、非常にゆるゆるすぎる条件で適用がされるようになっています。

これは別に家族まとめて割という名前でなくても別の特別な割引を付けてしまえばいい気もするのですが、この特別に条件が緩い(緩すぎる)家族まとめて割が適用されていることによって、先ほどの価格のところで説明した安すぎるiPhone 6sの値段が実現しています。

とにかくdocomoの意図としてはiPhone 6sシリーズを安くして売って、あわよくば家族まとめて割と絡めて他の機種もまとめて契約して貰おうと考えているのかもしれません。

 

機種変更できる安いスマホの中でも最も性能が良く得する契約に

iPhoneに関係なく、docomoで安いスマホへの機種変更をしたいと考えている人は多いと思いますが、今回の家族まとめて割の特殊条件追加と値下げの実施によって、まさかのiPhone 6sが安く契約できるdocomoスマホの仲間入りしてきました。

安スマホへの機種変更を狙っていたようならば今はこのiPhone 6sの16GBまたは64GBが狙い目です。家族まとめて割の特別条件がいつまで続くのかわかりませんが、この単体適用が続いている内にiPhone 6sへと機種変更するとここ最近では一番良い条件で安いスマホとしてiPhone 6sを入手することが出来ます。

強烈な内容の値下げなので、安くなったiPhoneを契約したいと考えていた人はキャンペーンが行われている内に契約したほうが良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です