auピタットプラン・フラットプランを契約するのにオススメなP20 liteの契約

auのピタットプランとフラットプランが今人気のようです。

基本料の計算が非常にシンプルな形になっており、利用するデータ通信量が少ないときは安く、多く使うとある程度高なるというわかりやすい料金体系が受けています。

毎月割の影響などを考える必要がなく、自動で使った分だけの料金が発生するためプラン変更についても考慮する必要がないため、これからもauユーザーを続けていく上では使い方次第で魅力的なプランになっています。

ただこちらのピタットプランとフラットプランのデメリットとしては端末についてくる割引が料金プランに適用されないため、実質価格での購入ができず価格が安くならないという問題があります。

これを避けるには元々の販売価格が安いauスマホを購入しないと、割引が使える他のプランと比べてあまりお得とは言えない契約になってしまうわけですが、現在発売されている夏モデルにはこのauピタットプランとフラットプランの契約面の特徴にあった販売価格のスマホが用意されているため、従来よりもauピタットプランとフラットプランの契約がしやすくなりました。

スマホの価格を割引なしで契約する必要があるため、auピタットプランとフラットプランが気になっていてもなかなか移行できなかった人も多いと思いますが、今回紹介するピタットプランとフラットプラン向けの価格設定がされている「HUAWEI P20 lite」を選べば、端末代の負担額も少なくピタットプランやフラットプランに移行することが出来るようになっています。

 

auピタットプラン/フラットプランの契約に適したミドルレンジスマホ「HUAWEI P20 lite」

auピタットプランおよびフラットプランはauで新たに用意された料金プランです。

シンプル・スーパーカケホ・カケホといった通話料にかかわるプランに、段階性で料金が変わるデータプランを組み合わせた料金プランです。段階性のため従来とは異なりデータ通信量をプラン設定時に決める必要はなく、使った分によって料金が変動します。

auピタットプランはスーパーカケホだと以下のような料金プランになります。

一応最安では1980円/月からの料金にはなりますが、スマホ応援割やauスマートバリューを適用した場合の料金になるため、環境によってはもう少し高くなるので注意が必要です。

5GBまでは1~2GB刻みでデータ通信量によって料金が上がっていきますが、5GB以降は20GBまでを上限にしています。

従来のプランよりも極端に安くなるわけではないものの、20GBまで使って7480円(キャンペーンなど適用時は5480円)という料金に抑えられているため決して高くはないですし、月によって使ってくるデータ通信量も異なるでしょうからあまりスマホを使わなかった時には普段よりも安い料金になるというメリットがあります。

 

auフラットプランの料金は以下のようになります。こちらはスーパーカケホとシンプルプランでの料金を確認しておきます。

こちらは実はかなりお得なプランです。20GBまで使えて最安が4500円という、通信量を考えたら破格の金額となっています。キャンペーンやauスマートバリューなんかが使えなくても6500円で収まってしまう安さのため、動画などをよく見る人なんかはこちらの料金プランにすることで従来よりも余裕をもって大容量通信ができる上に、料金も非常にお得な内容で契約し続けることができるようになっています。

長く利用することが前提となるプランなわけですが、auスマートバリューを適用することができれば永年1000円引きの特典を受けられるため、こちらの料金プランを契約する時にはスマートバリューを適用できるようにしておくといいでしょう。

 

これらのauピタットプラン・フラットプランはシンプルで分かりやすく、支払いにも抵抗が少ない料金設定になっているためにauユーザーにとっては魅力の高いプランになると思うのですが、デメリットとして毎月割が適用されないという問題があります。

毎月割が適用されないと、いわゆる実質価格での契約ができなくなるために、ハイエンド機種のように価格が高額な機種をこれらのピタットプラン・フラットプランで運用しようとすると、総額自体は毎月割が適用される従来の料金プランよりも高くなってしまうという問題点があります。

このデメリットを少しでも良くするためには一括で購入価格の安いスマホを契約する必要があるのですが、これまでauでは一括で安いスマホというのはあったにはあったものの良い機種というのはほとんどありませんでした。

そんな中で今回夏モデルとして登場してきた「HUAWEI P20 lite」は、価格が安いことによってauピタットプランとフラットプランの契約用スマホとして適しているのに加え、性能もこの価格ながら非常に良いものを有した狙い目の機種になっています。

これからauピタットプランやフラットプランを契約予定の人は、この「HUAWEI P20 lite」を契約してプランを選ぶことによって、ピタットプラン・フラットプランのデメリットがほとんど感じられないものになりますし、スマホとしても必要な性能を持った機種を手に入れることができるのでオススメしたいです。

次はこの「HUAWEI P20 lite」の価格や性能といったところに着目し、auピタットプラン・フラットプランの契約用スマホとして如何に優れているかを説明します。

 

一括32400円、Antutuスコア8万点超えのミドルレンジスマホ「HUAWEI P20 lite」

auピタットプランとフラットプランをお得に契約するためには、毎月割がなくても安いスマホ=一括価格が低いスマホを購入することが大事になってきます。

端末価格が安くなればなるほど、ピタットプランもフラットプランも表示されている料金のままに使い続けることができるため、よりお得な運用が可能になってきます。

そうした安くてauピタットプラン・フラットプランに適した価格のスマホというのはこれまであまりauスマホの中で出てきていませんでしたが、今回そうした安い価格で購入できるauピタットプラン・フラットプラン向けのスマホが出てきています。

それが「HUAWEI P20 lite」です。

HUAWEI P20 liteはハイエンドスマホではなくミドルレンジスマホに分類される機種となっているため、性能が抑えられている一方で販売価格がキャリアのスマホとしては非常に安くなっています。

早速ですがHUAWEI P20 liteの価格を確認しましょう。

Huawei P20 lite
一括価格 32400円
(毎月割) ▲351円×24回
(実質価格) 23976円

一応毎月割が適用された場合の比較として毎月割と実質価格を載せていますが、auピタットプランとフラットプランを契約する場合はこちらは関係ありません。

ただ実質価格でも1万円ほどしか2年間で差がないため、auピタットプラン・フラットプランを契約することを優先して割引を「捨てて」も良い金額でしょう。

肝心の一括価格では32400円と、こちらも安さが目立っているのがわかります。

一括32400円でHUAWEI P20 liteを購入してしまえば、端末の残債・分割支払いも発生せずにauピタットプランとフラットプランがそのままの料金で使えるようになります。

一括32400円ならそのまま支払える金額ですし、分割でも24回払いならあまり通信費に影響しない額しか発生しないために購入しやすいはずです。割引も大した金額が発生しないために、そちらを適用せずauピタットプランとフラットプランで使うというのは賢い選択です。

まずHUAWEI P20 liteにはこうした価格の安さがあるために、ピタットプラン・フラットプランの契約を行うのに適した契約としての良さがあります。

 

 

加えてHUAWEI P20 liteにはもう一つの良さとして、価格が安くミドルレンジのスマホではあるものの性能自体はそこそこしっかりしているというところが契約のしやすさとしてあります。

フルHDで5.8インチの大画面、RAM4GBに自社SoCによる最適化による性能面の良さ、背面に指紋認証とキャリアのスマホとして必要なものが大体満たされています。欠点は防水・防塵が用意されていない点でしょうか。またおサイフケータイにも未対応です。

ただこうした機能の欠如はありながらも、Aututuのベンチアプリでは87000点前後をつけるなど、ミドルレンジスマホとして平均以上の性能を見せつけており、ある程度のゲームなんかで遊んでても不満を感じないほどにはしっかりと使える性能を持っています。

これだけスマホとしての使いやすさというものを保ちながら、販売価格では一括32400円と安くなっているわけで、HUAWEI P20 liteにはauピタットプランとフラットプラン向けに適した契約という側面の他にも、安いのに性能も十分で使いやすいスマホという良さがあるわけです。

 

安く運用できてスマホも満足度が高いauの「格安スマホ」契約が可能

以上の内容のように、auで現在発売されているHUAWEI P20 liteは一括価格が安くなっています。そしてその価格の特性からauピタットプランとフラットプラン向けの契約スマホとして、今最も適したスマホであるのは間違いありません。

価格以外にも安く使えるスマホの中では非常に安定感のある性能を見せてくれるため、維持費の安さと合わせて質の良い「格安スマホ」的な契約が可能になっています。

料金面でauピタットプランとフラットプランに興味をもっていた人というのは多いと思いますが、このHUAWEI P20 liteを契約すればスマホの端末代も安くて契約しやすいものになっていますし、肝心のスマホとしての性能の良さというものも不満の少ないものになっているため、この機種を契約してauピタットプランとフラットプランに変更するというのは今だと一番無難なやり方だと思われます。

auピタットプラン・フラットプランを契約するのであれば、HUAWEI P20 liteです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です