格安SIMはUQモバイルとY!mobileの2強な件 他社との比較でも圧倒的な実力差を見せるサブブランド

今格安SIMを契約するとしたらこの2社しかありません。

Y!mobileとUQモバイル。この2つの格安SIMは今どのMVNOであっても対抗できないほどの実力を持っています。快適に毎日使うことを考えた場合、Y!mobileとUQモバイル以外の格安SIMを選んでしまっているような人はもうちょっと詳しくリサーチなんかをすべきです。細かい機能ではまだ他のMVNOが勝るところはあるかもしれませんが、全般的な回線の品質の高さを比較した時にはY!mobileとUQモバイル以上の格安SIMは存在しておらず、この2社以外は相対的にストレスの溜まりやすい格安SIMを契約してしまっていると言えます。

格安SIMを契約するならY!mobileかUQモバイルです。

これはしっかりと2社の特徴を把握すれば誰もが至る結論です。現在多くのMVNOが存在し様々なタイプの格安SIMが登場していますが、キワモノ系や特化系の格安SIMを除いて「普通に使う」ことを前提とした格安SIMの中で比較すると、このY!mobileとUQモバイルが圧倒的に優れた格安SIMであることは間違いありません。

ここではY!mobileとUQモバイルがなぜ格安SIMの中で2強であるのか、その特徴や具体的に他の格安SIMとどういったところが優れているのか、それらを示しておこうと思います。

Y!mobileとUQモバイルはMVNOよりも上位の立ち位置=サブブランド会社の格安SIM

なぜ格安SIMの中でY!mobileとUQモバイルが強いのか。

その理由はこの2社の事業者としてのあり方にあります。Y!mobileもUQモバイルも、IIJmioやmineoそれにOCNといったいわゆる普通のMVNOとは事業者の形として全く異なるものになっています。

他のMVNOはどの事業者もキャリアから独立した存在であり、同じスタートラインから公平にキャリアから帯域を借りて格安SIMを提供しています。

ですがY!mobileとUQモバイルはそうした普通のMVNOとは違います。Y!mobileはSoftBankというキャリアのグループ会社、UQモバイルはauというキャリアの子会社、という事業者としてのスタートラインが独立したMVNOとは違ってよりキャリアに近い存在になっています。

こうしたキャリアのグループ・子会社という立ち位置となっているのがY!mobileとUQモバイルであり、この2つはその特殊な性質からMVNOというよりもよりキャリアに近い「サブブランド」という扱いになっています。

まずこのサブブランドという事業者のあり方である、というのがY!mobileとUQモバイルが格安SIMとして強い理由になります。

以下ではなぜサブブランドであることによって、他のMVNOと比較しても優れているのかということを具体的に示していきます。

 

サブブランドはキャリアからの「優遇」を得ているため、MVNOとは要所で比較にならない品質を見せる

Y!mobileとUQモバイルは格安SIMを提供していますが、キャリアと非常に密接な関係にある「サブブランド」です。

それぞれが独立した事業者で公平な立場で事業を行っているMVNOと違い、サブブランドはキャリアの資本も人材も行き来しているという密接な関係にあるため、格安SIMというサービスを行うにあたり通常のMVNOでは絶対にない「キャリアからの優遇」を得られることができます。

このキャリアからの優遇があることによって、他のMVNOと比較した時に何倍も快適な通信環境を得られた上に資本力をベースにした割引やキャッシュバックといったより安く使える仕組みをY!mobileとUQモバイルは持っています。

これらこそがY!mobileとUQモバイルの強さなわけですが、具体的にどういったところで「キャリアからの優遇」が発揮されているのかを確認しましょう。

通信速度が落ちない仕様

サブブランドの格安SIMを使っていて最もキャリアからの「優遇」を感じることが出来る点となると、通信速度が当てはまるでしょう。

格安SIMの最大の弱点は通信速度が安定せず、人気の格安SIMほど一部時間帯において速度低下が激しいという問題を抱えていることです。格安SIMの速度はキャリアから借りる帯域の規模によって左右されるのですが、この帯域を速度がしっかり出るほど借りるということはそれだけ予算も必要になってくるということで、予算が少なく利益も出さなければならない普通のMVNOは混雑時の速度低下には現状対応できなくなっています。

そのため格安SIMを使う上ではこの時間帯による速度のバラつきとその際に訪れる速度の遅さといったものに対して常にストレスを感じてしまうものになっています。「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、安いというメリットを受けるためにはこの速度の不安定さと一部時間帯での遅さによるストレスというデメリットを受け入れる必要があるのが普通の格安SIMです。

通信速度に対してある程度のストレスや不満を感じながら使うというのは格安SIMを利用する上では避けられないものでした。

ところがY!mobileとUQモバイルはキャリアからの優遇があるサブブランドという特殊性を持っているため、この通信速度がほぼ全ての時間帯において高速であるという格安SIMの原理を考えたら実現不可能な速度を出しています。

本来であればお昼や夜の18時以降の時間帯に高速な通信速度を出すには普通のMVNOでは余裕で赤字になってしまうのですが、キャリアの優遇がされているサブブランドでは帯域が共有または購入しても赤字にならないようにバランスをとっている(WiMAX2の帯域を高く購入するなど)ため、通信速度が時間帯によって落ちることが全くないレベルで帯域を確保できています。

このためにY!mobileとUQモバイルは格安SIMに分類される安い料金でスマホを使える契約でありながら、中身は他のMVNOに対抗するために用意したキャリアの「格安SIM殺し」といった側面が強く、格安SIMのネックである通信速度が「優遇」措置によって常時高速であるという稀有な特徴を持っています。

ユーザーにとってこの特徴はストレスを感じずに使い続けられるものになりますから、契約をするにあたり他の格安SIMと比べても高い魅力となるはずです。

料金割引

サブブランドはキャリアの実質子会社かつ対格安SIMという役割を持っているため、資金力の高さと言うところも他のMVNOとは比較にならないぐらい良いものになっています。

その資金力が影響するMVNOとの違いの一つに、端末に対する通信費割引が行われているというのがあります。

これはY!mobileだと月額割引、UQモバイルではマンスリー割という形でスマホ購入時に割引が加えられます。

これによってキャリアと同じようにスマホセットの場合には実質0円などの実質価格での契約が出来るようになります。

サブブランド回線の場合にはキャリアと違って元々の通信費も安いために割引によって端末代が実質0円となると、その元々の安い通信費のままスマホも一緒に持つことが出来るというメリットを得ることが可能になります。

後述で詳しくおすすめの機種も挙げておきますが、例えばUQモバイルのiPhone SEだと分割契約で実質0円になるので、端末代込みで維持費が1980円と安い料金になります。またもしも一括購入した場合には端末代が消えるので維持費が大きくさがり、月額280円の維持費を実現します。

このように料金割引が発生することによって、分割でも一括でもスマホと一緒に契約した場合にはどちらにしても安い料金で使い続けられるという特徴があります。他のMVNOだとこうした割引をスマホとのセット購入で得られることはまず資本力のなさゆえありません。

端末セットに対してサブブランドであれば料金割引を適用できるというのは、キャリアからの資本面での優遇が含まれているがゆえに出来る販売方式と言えるでしょう。

キャッシュバックやSIMのみ割引すらある

同じように販売促進のためにお金をかけられるということで、スマホとのセット以外にも割引やキャッシュバックという形を用意しています。

SIMのみに対する契約にもこうした割引・還元系の特典が用意してあり、それも非常に高額になっています。

Y!mobileは割引という形で10000円または15000円相当の割引、UQモバイルはキャッシュバックという形で10000円~13000円が貰えるようになっています。

SIMのみ契約でもこのような高額な還元を用意しているのは他のMVNOにはなかなか見られません。900円割引の6ヶ月分の5000円前後の還元が平均的な中で、サブブランドのこちら2社は倍以上の還元を用意しています。

この還元の高さもサブブランドゆえの資本力の高さが影響していると考えられるでしょう。

SIMだけでもキャッシュバックや割引があることで、広告に書かれている料金よりも実質的な運用費用は安くなるため、ここでもY!mobileとUQモバイルの格安SIMとしての優位性が出てきています。

店舗展開がされておりサポートも受けやすい

キャリアの優遇が影響している点としてもう一つサブブランドには特徴的なポイントがあります。

それが店頭ショップが非常に多いという点です。特にY!mobileは全国に店頭ショップを展開しており、そちらで販売はもちろん契約内容の変更や修理サポートといったものの対応をしてくれています。

他のMVNOではイオンモバイルがイオン店の一部でカウンター業務を用意しているものの、あくまでもフロアの販売スタッフが対応しているだけで十分な専門知識からのサポートというのは期待できません。また他のMVNOではそもそも店舗を持っていなかったり、全国合わせても1~10店舗しか店がないところも珍しくありません。

そんな中でY!mobileはキャリアショップ並みに全国に店頭ショップを用意していますし、UQモバイルも今ショップ展開を急ピッチで拡大しており、他のMVNOにはないレベルのサポート体制の充実っぷりを見せています。

困ったことがあっても頼ることの出来るショップが近場にあるというのは、格安SIMおよび格安スマホを使っていく上では非常に大きなメリットになってくれるでしょうから、こうした店頭ショップの多さというのもサブブランドの魅力の一つであり、キャリアからの優遇の力と言えるでしょう。

大手のIIJmioとmineoがサブブランドに白旗をあげた事実

そして何よりもY!mobileとUQモバイルが格安SIMとして最強であると決定づけたのは、mineoとIIJmioが総務省に提出した「白旗報告書」でしょう。

総務省では2018年の初めにこのサブブランド2社があまりにも通信速度が良くてスマホなどをセットにしても安い料金のままという、他のMVNOの格安SIMを亡き者にしかねない実力があるということから、実態調査を行っています。

その中でサブブランド以外の格安SIMを提供するMVNOからのサブブランドへの意見・見解として、IIJmioとmineo、楽天モバイルのものが紹介されているのですが、その中でもIIJmioとmineoがサブブランドに寄せた見解の内容を見ると非常に面白いことが書かれています。

詳しい内容については公開されているものを確認してもらうとしてここでは概要で済ませますが、要はIIJmioとmineoは現状Y!mobileとUQモバイルのこの高速回線および販売促進のための高額割引やキャッシュバックに対して、自社の資本力では一切対抗できるレベルにはない、として白旗をあげています(なので総務省に対してこのサブブランド2社に規制を強めろとも要望しています)。

サブブランドの料金で同程度の速度を実現できるかを検証した結果、弊社では到底実現できるレベルにないことを確認

IIJmioもmineoも格安SIMを提供するMVNOの中ではかなりの大手となっているわけですが、そうした事業者が「対抗できない」と言い出して総務省に規制を求めるというのは、それだけY!mobileとUQモバイルの実力が凄すぎることを意味していると言えます。

同じ格安SIMの事業者、それも大手の事業者から対抗できないと言われるY!mobileとUQモバイルは、格安SIMとして正に最強の座にいると言って差し支えないでしょう。

 

このようにY!mobileとUQモバイルはキャリアからの優遇が得られているサブブランド回線であるため、他の格安SIMと比較しても圧倒的に使いやすさが優れたものになっています。

速度やスマホ契約での料金の安さ、店舗サポートといったところは他のMVNOにはない強みであり、格安SIMとしてY!mobileとUQモバイルの2つから選ぶべきとしている理由です。

ではY!mobileとUQモバイルどちらを選べばよいのか、比較してみた

サブブランドとしてY!mobileとUQモバイルが格安SIMとして2強である理由についてはここまでの説明で理解してもらえたと思います。

通信速度や端末割引にキャッシュバックといったところに加えて他のMVNOから苦情が出るレベルの品質と金額を見せているため、プランさえ自分に合えばという前提はあるものの格安SIMとしては他のMVNOのものを選ぶ必要が無いぐらいにこの2社の2強状態が生まれています。

そのため格安SIMをこれから選ぶならY!mobileとUQモバイルのどちらかから選ぶのが現在最も賢いやり方になるわけですが、ではこの2社の内どちらを選べば更に満足度を高められるのでしょうか。

どちらもサブブランドとして格安SIM全体の中では2強ではありますが、どちらもそれぞれ微妙に異なる特徴を持っているため、ここからはY!mobileとUQモバイルのそれぞれの回線の特徴の違いを明らかにし、どちらの格安SIMを選べば自分に合った回線を契約できるのかということを説明したいと思います。

 

前提として比較するのはぴったりたっぷりプランとスマホプラン

まずY!mobileとUQモバイルで比較するのは、Y!mobileのスマホプランとUQモバイルのぴったり/たっぷりプランとなります。どちらも音声回線とデータプランがセットになったプランをベースに比較しています。

一応どちらも月額980円からのデータオンリーのプランを持っていますが、このデータプランで比較するとUQモバイルが圧勝しています。使えるデータ通信量がそもそも1GB(Y!mobile)と3GB(UQモバイル)という大きな違いがあり、それ以外ほぼ違いがないためにUQモバイルの方を選べば十分に満足出来るでしょう。

料金やデータ通信量に違いは無いものの、細かいところで使い勝手の良さというのが異なるのはスマホプランとぴったり/たっぷりプランの2つとなるので、この2つのプランをベースにY!mobileとUQモバイルを比較していこうと思います。

 

通話定額で比較するとY!mobile

まずは通話定額の内容を比較してみると、通話をするならY!mobileの方が内容は上になるでしょう。

Y!mobileではスマホプラン各種に付帯する通話定額として、「1回10分の通話が月300回まで無料」という機能が用意されています。1回あたりこれだけの時間をこれだけの回数無料になるのであれば、結構通話をする人でも通話料といったものを気にしなくて良くなるでしょう。

それに対してUQモバイルではぴったりプランが「1回5分の通話が何回でも無料」という形になっており、たっぷりプランが「月60分~180分(プランによる)までの通話時間が無料通話対象」という形になっています。たっぷりプランの方は使い方によってはY!mobileよりも便利かもしれませんが、より一般的には1回10分無料の方が便利さでは上ではないかと思います。ぴったりプランでは通話回数が無制限ではあるものの、そこまでの数の通話を毎月行う人というのも限られてくると思うので、比較した時にはデメリットの方が多いでしょう。

通話機能をベースに考えた時にはY!mobileの方が使いやすさでは上になるので、通話定額にみちょくを感じるのならばY!mobileのほうがオススメ出来ます。

 

通信速度、特に規制時の通信速度はUQモバイルが圧倒的に快適

続いては通信速度の内容について比較してみましょう。

通信速度は高速通信時の速度についてはY!mobileもUQモバイルも時間帯での減速がほとんどない上に高速な回線を保っていますので、こちらでの比較については甲乙つけがたいものになっています。

一方で低速通信側の速度、規制時の速度といったものはハッキリと優劣をつけることが出来るようになっています。

高速データOFF時の速度ではUQモバイルのほうが圧倒的に使いやすいものになっているため、通信速度やネットを中心に利用する場合ならばUQモバイルをオススメします。

Y!mobileの場合低速通信時の速度はなんと128kbpsという速度しか出ません。この速度だと度々通信エラーが起きてしまうぐらいの遅さになっており、常用するには十分な速度ではないものになっています。対してUQモバイルの低速通信時の速度は300kbpsと格安SIMの平均200kbpsよりも1.5倍高速な低速・規制時の速度を実現しています。300kbpsであればTwitterなどの軽いSNSやWebサイトぐらいならストレスも大分少なく使えるはずです。

この高速データOFF時の速度の速さというのは1ヶ月間使うことを想定した時の安心感が段違いです。UQモバイルならば遅い速度の中においては高速な回線となっているので、ギガ規制を受けても動画など以外ならば普通にネットがしやすくなるでしょう。

 

LINEの年齢認証を超えたいならY!mobile

基本的にY!mobileとUQモバイルの比較については通話定額プランの違いと低速回線の速度の上限の違いといったところがY!mobileとUQモバイルのどちらを選ぶか、という点において最重要項目となります。

通話とネット、どちらをより使うのかという点で自分の使い方に合ったサブブランドを選ぶと良いでしょう。

ただもう一つだけ選択の判断になりそうな比較ポイントがあるので、そちらについても触れておきましょう。

多くのスマホユーザーが使っているアプリとして「LINE」が挙げられると思いますが、どちらの回線でもLINE自体は使えるもののID検索などの一部機能が解禁される年齢認証が出来るSIM出来ないSIMというのがあり、LINEユーザーにとっては割と死活問題になりかねない機能制限が行われます。

MVNOの場合ほとんどがこの年齢認証が出来ずにLINEの一部機能が機能制限されてしまいます。サブブランド回線ではUQモバイルも現状この問題を抱えており、LINE交換にはQRコードなどID以外の方法をとらなければいけません。

ところがY!mobileであれば、格安SIMの中ではLINEモバイルと共にLINEアプリの年齢認証を確認することができるので、LINEの機能をキャリア版と同様にフルで使いこなすことができます。

ほぼキャリア認証に近い形でLINE含むその他のサービスも年齢認証・本人認証をすることができる回線となっているので、よりキャリアに近い形でLINEなどのサードサービスを利用したいのならば、Y!mobileのほうが適していると言えます。

このようにY!mobileとUQモバイルは、似たような存在で似たようなプランを提供をしてはいるものの、細かいところでは異なる特徴をもった回線になっています。そのためどちらを選んでいいかわからない時には、より自分の使い方にあった回線の方を選ぶといいでしょう。

 

2年または1年でY!mobileかUQモバイルにMNPするのが基本

ただし今後も長くサブブランドの格安SIMを使っていこうと考えている場合は、1年または2年でY!mobileとUQモバイルとを交互に乗り換えていく方がコスパは良いものになっています。

1年目の割引終了か2年目のデータ通信量2倍特典終了のタイミングで、もう一つのサブブランド回線へとMNPすることで、それまでと全く同じ使い勝手で利用し続けることができるからです。

なのでこのサブブランド2社を長く使うことを考えた場合には、両方とも契約する可能性というものが高いため、そこまでどちらがいいのかということは悩まなくてもいいかもしれません。どちらも基本的なプラン内容は格安SIMの中でも不満の少ない使いやすさですし、速度なんかのメリットは他の格安SIMでは絶対に得られないものとなっているので、そちらを得られることを考えれば細かい違いについては神経質に考える必要はないかもしれません。

 

格安SIMはY!mobileとUQモバイルの2強で間違いなし!これからの選択はまずこの2つから

ここまでの説明によって格安SIMの中でもサブブランドであるY!mobileとUQモバイルは、他の格安SIMと比べても段違いで良い回線を持っていることがわかってもらえたと思います。

料金は格安SIM並みに安いにも関わらず、回線としての性能はキャリア級のものになっているのがこの2つのサブブランド回線の最大の特徴です。

その実力は他のMVNOが敗北宣言を出すほどのものになっており、現状対抗できるような格安SIMは現れていません。

キャリアの優遇が行われているということで公平な競争になっていないなんて批判もされていますが、ユーザーにとっては便利で使いやすい回線であることのほうが大事だと思うので、MVNO業界のこととかにあまり興味がなければ使いやすさ重視でサブブランド回線を選ぶことが最も賢い方法であることは間違いありません。

今格安SIMを選ぶならY!mobileかUQモバイルで良いです。それ以外を選んでもY!mobileとUQモバイルから得られる満足感には程遠いと言えます。

格安SIMに変えようと考えていた人は、キャリアからの乗り換えでも使い勝手がそこまで悪くならないこの2社をオススメします。

 

オススメはSIMのみ契約とUQモバイルのiPhone SE 32GB

最後にY!mobileとUQモバイルを契約するならどの契約・どのスマホセットが良いのかというオススメをいくつか紹介しておきます。

Y!mobileもUQモバイルもSIMのみ契約で1万円以上の還元がある

もしも各サブブランドにおいて動作確認がされているSIMフリースマホやSIMロック解除済み白ロムスマホを既に持っている場合、SIMのみ契約でも各種割引と契約特典が貰えるのでこちらをオススメします。

Y!mobileの場合は10000円または15000円分の割引を24ヶ月間、UQモバイルの場合は10000円~13000円の口座振替キャッシュバックが契約4ヶ月後という形でSIMのみ契約に貰えます。

どちらもこの特典によってSIMのみ契約でも実質的な割引が毎月400円以上増えるという考え方が可能になるため、回線性能を考えれば十分に安い回線がさらに安くなることになります。

好きなスマホと組み合わせることが出来ますので、SIMのみ契約というのもY!mobileとUQモバイルを選ぶうえでは現実的な選択になるでしょう。特にY!mobileはHuaweiスマホと周波数の関係で相性が良いため、HuaweiのSIMフリースマホなんかを使いたい場合はY!mobileと組み合わせることをオススメします。

UQモバイルのiPhone SEは一括価格が安い上に維持費も280円

もう一つオススメなのはUQモバイルのiPhone SE 32GBをセットにしたスマホ契約です。

こちらのiPhone SE契約をプランSかつキャッシュバック付きで契約すると、とんでもなく安いiPhone契約が出来るようになっています。

UQモバイルのiPhone SE 32GBは一括価格が44172円。これをプランSで契約した時のキャッシュバックは10000円なので、その分をマイナスすると一括34172円で購入することが出来るということになります。

一括34172円という価格はスマホの本体代金としてはかなり安いと思います。しかもiPhoneなのですからなおさらです。

こちらの契約にはさらにスマホセット特有のマンスリー割という割引がくっついてきます。iPhoneを一括34172円で購入すると、端末代が割賦で残らない中でマンスリー割が効くので、維持費が大きく下がります。

iPhone SE一括購入時のプランSの維持費はマンスリー割が効くことで毎月280円になります。税込みだと302円です。

維持費が300円ほどになるのは契約として相当の安さで凄いものになっています。

スマホの性能が高くて維持費も安い、スマホの本体価格もキャッシュバックを入れれば安いという、Y!mobileとUQモバイルのスマホ契約の中でもバツグンにコスパが良い契約が実現できています。

これはサブブランドの契約の中でもまず真っ先にオススメするスマホ契約の一つです。

こうした契約が特にY!mobileとUQモバイルの契約においてオススメになりますので、もしも契約するならばこちらを選んでもらえればと思います。

それぞれ各サブブランドのオンラインショップで契約出来ます。ただUQモバイルのキャッシュバックは以下のリンクから申し込んだ場合のみなので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です