UQ mobileの格安スマホAQUOS sense liteのコスパがヤバい 実質0円でフルHD日本向けスマホが契約できる


UQ mobileの格安スマホに新たなラインナップが含まれました。

今回の新モデルはシャープのAQUOS sense liteです。

日本向けの機能が豊富のミドル帯のスマホです。このAQUOS sense liteはSIMフリースマホとして今後各MVNOのラインナップに加わってくると思いますが、恐らくはUQ mobileのセット契約を上回るコストパフォーマンスを見せるMVNOというのは出てくることはないでしょう。

それぐらい今回のUQ mobileで発売されるAQUOS sense liteの契約の全体的な安さというものは群を抜いているものになっています。

これから格安スマホを契約しようとしている人は、このAQUOS sense liteの契約の安さ、それにUQ mobileの回線の特徴といったものが本当に魅力的なので、こちらのセットで契約を行うと満足度の高い格安スマホを手に入れることが出来ます。

 

UQ mobileで契約するAQUOS sense liteの凄いところ

具体的にこのUQ mobileで契約するAQUOS sense liteの良さといったものをまずはまとめてみます。

格安スマホというジャンルの機種でありながら、スペックや機能も良いものが揃っており、そこに価格や毎月の料金が安くなるという組み合わせとなっています。

 

ますはスマホ側の良さはこちら。

  • IGZOパネルを使ったフルHDディスプレイ
  • 防水・防塵に対応
  • 指紋認証の出来るホームタッチセンサー付き
  • Snapdragon 430にRAM3GBとミドルレンジの中では余裕のあるRAM
  • Volte対応含む機能性の多さ

価格についてはこちら。

  • 一括でも31212円
  • 割引としてはプランM以上ならば分割支払いと同額の1296円が適用される
  • つまりこの安さなのに実質0円契約も可能
  • そもそものUQ mobileのプランが安いので、実質0円契約になるとスマホセットなのにとんでもない安さで利用可能
  • UQ mobileの回線はKDDIのサブブランドなので通信速度が落ちにくい
  • キャッシュバック付きで実際には実質0円以下のコストパフォーマンスの良さを見せる

 

こうした良さ、凄さといったものがAQUOS sense liteにはあります。格安スマホ系のモデルにも関わらず、これだけの強みを備えているスマホなのです。

性能が比較的使いやすさに特化したミドルレンジモデルとなりながら、価格や料金といった側面ではスマホセットの契約であることを感じさせない水準になっています。

 

AQUOS sense liteは性能も機能も普通の利用なら十分なスペック

AQUOS sense
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 430
RAM 3GB
ディスプレイ 5インチ フルHD
ROM 32GB/外部メモリ256GB microSD対応
重量 148g
バッテリー容量 2700mAh
カメラ リアカメラ:1310万画素/インカメラ:500万画素

ここからはAQUOS sense liteの端末性能についてをより詳しく確認します。

AQUOS sense liteはその価格的にもローモデル~ミドルレンジモデルのスマホという位置づけになります。

主要スペックの部分(CPUやRAM)はミドルレンジモデルといったところですが、機能全般の多さで見るとミドル以上の豊富さを見せていて、ただのミドルレンジモデルよりも使い勝手の良さは高いです。

まず主要スペックの部分ではSnapdragon 430というローまたはミドルレンジモデルのCPUを使っています。400番台の型番は性能は抑えられていますが、430までくるとそこそこの動作が保証されたスマホが出来上がってきます。

ここにRAMが3GB乗ります。RAMの容量が大きければ大きいほどアプリのタスクを展開したままでも動きは重くなりにくいので、安いスマホ・ミドルレンジのCPUを使ったスマホといっても基本的なアプリの利用などには困ったりイライラしたりということにはなりにくいです。

ゲームをしない、高画質での動画視聴はせずYouTube利用ぐらいということであれば、サクサクとは言わないまでもそれに近いある程度快適な使い心地で利用できるスマホです。

スマホにはそれほど性能はいらないという人であれば、主要スペックの構成とそこから得られる使いやすさといったものは充分なものになるでしょう。

こうした性能面がミドルレンジモデルにしては良いという点だけでも、価格の3万円台というポイントは充分にコスパの良さを見せているのですが、AQUOS sense liteにはそれ以外にも便利な機能が揃っており、そちらも含めて考えた時のコスパの良さは更に凄いものになっています。

 

防水・防塵、おサイフや生体認証

AQUOS sense liteはMVNO向けのモデルとしては珍しく防水・防塵を含んだ多くの機能が用意されています。おサイフケータイや指紋を用いた生体認証も用意されていますし、VoLTE通話なんかにも3万円台ながら対応しています。

またオリジナルの機能としてブルーカット機能なども用意されており、3万円のスマホとしては珍しいぐらいにスペック以外のところが充実しています。

IGZOパネルということで省電力も実現しているため、割と容量の多いバッテリーと合わせて電池持ちを改善させてくれています。

のぞき見防止機能なんて言うのもあり、満員電車なんかで使っても左右の人からLINEなどのやりとりが見えなくなる機能というものも利用できます。

廉価価格のスマホとしては日本で便利に使える機能が揃っており、性能以外の使い勝手の良さといったものが目立つものになっています。

通話もVoLTEに対応しており、高品質な音声通話を利用することが出来ます。

こうした機能の凄さといったところもAQUOS sense liteの良さの一部分となっています。

 

加えて料金が安い!格安スマホ契約なのに実質0円スマホになる高額割引

このような機能と性能が揃ったAQUOS sense liteは、その料金や価格といった金銭面の部分でも凄さを見せます。

価格は31212円と3万円台の前半でかなり購入はしやすい価格になっています。

通常のMVNOなら、ここに安い維持費の回線料金とセットにAQUOS sense liteを販売すると思いますが、その際端末価格への割引や値引きといったものはわずかなものにしかなりません。

元々安い維持費で使える回線料金のため、割引を更に追加するということがないのです。

ところがUQ mobileの場合は、安い維持費で価格も3万円という契約に対して、更に割引が入るという契約をAQUOS sense liteでは可能になっているという凄さがあります。

auのサブブランドという資本力が成せる業なのか、最大で端末代が実質0円になる3万円以上の割引が適用され、またキャッシュバックといったものも公式的に行っており、実質的にはマイナス1万円でAQUOS sense liteを購入できるような契約になっています。

どいうことか具体的に表でみたほうがわかりやすいでしょう。

ぴったり/たっぷりプラン プランS プランM プランL
基本料 3218円 4298円 6458円
マンスリー割 ▲756円 ▲1296円 ▲1296円
イチキュッパ割 ▲1080円
端末一括購入後の維持費 1382円 1922円 4082円
分割購入後の維持費 2678円 3218円 5378円
AQUOS sense lite端末代金 31212円(1296円×24回)

ここではマンスリー割というものがUQ mobile特有のAQUOS sense liteに対して発生する割引です。

このマンスリー割が端末代の24回払いの支払いと同額適用される=実質0円になっており、UQ mobileの契約では割引として31212円というMVNOにはない水準の金額が用意されているのです。

このため、一括で契約した時の支払いは、プランMでなんと1922円という安さで利用できてしまうようになっています。

1922円でAQUOS sense liteをUQ mobileの高速回線で、6GBのデータ量と2種類から選べる通話定額を付けた形で運用をすることが出来ます。

これはコスパがかなりいいのではないでしょうか。

 

UQ mobileはauの子会社的位置づけになっている関係で、MVNOとはまた違う格安SIMを提供するサブブランドという位置づけになっています。そのため、SoftBankにおけるY!mobileのようなものになっていて、通信速度なんかが非常に高速でMVNOのように遅くならないという特徴を持っています。

そうした特徴と、データ量豊富な契約、通話定額プランが自動で付帯されるという回線が1922円は、MVNOにはない良さを持った契約です。

これがAQUOS sense liteの購入の際には利用できるために、オススメの格安スマホとして推すことができるというわけです。

 

キャッシュバックも貰えてしまうから実質的にはマイナスに

こうした31212円という端末価格相当の割引によって、毎月の料金も安くなっていることで、他社のMVNOがかなり苦しめられているわけですが、それを更に苦しめる施策としてUQ mobileではキャッシュバックも実施しています。

プランM契約で10000円ほど貰えるので、実際のUQ mobileのAQUOS sense lite契約は実質0円ではなく実質マイナス1万円といった価格での契約になります。

キャッシュバック自体は商品券で契約から4ヶ月後となりますが、それでもAQUOS sense liteを更に安く買えるということで、格安スマホの契約全体の中でも非常にお得となっています。

キャッシュバックの条件はこちらから。

コスパがとても良いUQ mobileでの契約

以上のような内容が、今回UQ mobileでAQUOS sense liteを契約することをオススメしている理由になります。

格安スマホとして見た場合、UQ mobileでAQUOS sense liteを契約すると、

  • 価格の割に性能も機能も良いスマホが手に入る
  • 3万円の価格ながら同額の割引が適用されて実質0円で購入できる
  • 維持費が安いのに通話定額プランも大容量のデータ通信も可能なプランが契約できる
  • UQ mobileはauの子会社的扱いのため、MVNOのように通信速度がおそくならない格安SIM
  • キャッシュバックも貰ってしまえば実質価格はマイナスに

という非常に豊富なメリットを得られるようになっているため、大変お得でコスパも良いというわけです。

格安スマホの種類が多くなってきた中で、どれが本当にお得な契約なのかわからないという人も多いと思います。

このUQ mobileで契約できるAQUOS sense liteならば、端末性能での満足感と格安の名前にぴったりなお得な料金で契約できる満足感を得られることは間違いないので、これから格安スマホの購入を検討しているならばこちらを候補の一つとして含んでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です