端末購入サポートの機種の維持費を安くする方法としての『dカード GOLD』


今docomoでは端末購入サポートという機種変更でも一括で契約できる特価施策が付けられたスマホが多く出てきています。

この端末購入サポートになったスマホは大体価格が一括15552円になり、機種変更が大変しやすくなります。

分割だと2年間の利用を前提とした価格となるため、安くても契約しにくいことがありますが、一括の払いきりでスマホが15552円という価格になると、途端に契約しやすく感じる人も多いと思います。

2017年9月の時点でも

iPhone SE

Xperia X compact SO-02J

Galaxy S7 edge SC-02H

V20 Pro L-01J

arrows NX F-01J

なんていう高性能なスマホだけどちょっと発売から日が経ってしまった機種というのが安くなっています。

 

これらのスマホは価格だけを見れば大変購入しやすいため、機種変更をした人やしようと考えている人も多いと思います。ですが、端末購入サポートの契約は価格が安いというメリットがある一方、維持費が高いというデメリットがあるため、そのポイントにおいてイマイチ購入に踏み切れない、という人もいるのではないでしょうか。

安く買えるけれどもその後の維持費が安くならないというデメリットは確かに気になるポイントです。しかし逆に言えばこのデメリットが少しでも解消されれば端末購入サポートも契約しやすいスマホになるのではないでしょうか。

この記事ではその端末購入サポートの維持費を安くする方法として、dカード GOLDを組み合わせる方法というものを紹介しようと思います。この方法を使えば、毎月かなりの金額を節約できるようになり、端末購入サポート端末へと機種変更したとしても維持費もそこまで大きな負担にはなりません。

これから端末購入サポートを契約しようと考えている人、または既に端末購入サポートの機種を契約している人に読んでもらい、実践してもらえればと思います。

 

dカード GOLDを持つと端末購入サポートの維持費が10%割引される

何故端末購入サポートの機種へと機種変更をしたらdカード GOLDを持つべきなのか。

その理由はdカード GOLDにはdocomoのスマホの維持費から10%をdポイントとして還元してくれるので、実質的にスマホの維持費を10%offにすることが出来るから、ということになります。

dカード GOLDはゴールドカードの券種に分類されるため、普通のクレジットカードに比べて多くの特典があります。その特典は主にdocomoのスマホを使っている人が便利でお得になるようなものが揃っているわけですが、その内の一つがこの10%のdポイントの還元です。

docomoの維持費から10%還元されるので、高額になりがちな端末購入サポートの維持費とかなり相性が良いものになっています。

例えば
8000円の維持費ならば毎月800ポイント
シェアプランの代表回線を端末購入サポートにすれば14000円から1400ポイント
の還元が受け取れるわけです。

そしてこの還元は毎月行われ、2年間限定というような期間の決まった割引ではなく、dカード GOLDとdocomo回線を持っている限り続く長期的な割引になります。

そのためこの組み合わせを早く持てば持つほど、docomoのスマホの利用がお得になっていくわけです。

 

1ヶ月で800ポイントだとしても、2年間持ち続ければ19200ポイントと金額としてはかなり有用なポイント総額になりますし、それ以上の期間使い続ければもっともっと「dカード GOLDを持たないdocomoユーザー」との差というのは広がっていきます。

還元のされ方がdポイントとなっていますが、dポイントはそのまま維持費の割引に充てられますし、一部店舗やdocomoの運営するECサイトなどでも現金同様にりようできるので、還元はポイントながら現金と同じような形で利用することが出来ます。

このdカード GOLDがある事によって、10%というかなり大きめの割引が毎月手に入るため、端末購入サポートのスマホへと機種変更するならばいっしょに持っておくべきものと言えます。

dカード GOLDが端末購入サポートと相性が良い理由

ちなみにこのdカード GOLDの10%ポイントは、普通にdocomoのスマホを使っていく上でも受けられる特典なので、別に端末購入サポート機種への機種変更をしていなくても持つべきカードです。

ですがその真価を発揮するには端末購入サポート機種と合わせるのがベストとなっています。

その理由としては、dカード GOLDの10%ポイントの特典が受けられるのは、docomoのスマホの維持費が対象なわけですが、その維持費には端末代は含まれず、月々サポートが適用された後の金額から10%となっています。

このため実質0円でスマホを契約し、約3000円ほどの月々サポートがあった場合、8000円の支払いをしていても実際に10%のポイントの還元がされるのは5000円の維持費からになってしまいます。

こうした注意点があるため、実質価格で契約するタイプのスマホとdカード GOLDを組み合わせるのはちょっと勝手が違います。

一方端末購入サポート機種の場合、端末代は一括で購入(大体15552円)していますし、最初から月々サポートもありません。そのため8000円の維持費であればそのまま10%の800ポイントを貰うことが出来ます。

こういった特徴があるために端末購入サポートのスマホはdカード GOLDの特典と相性が良いということになります。

 

dカード GOLD補償で540円のケータイ補償を解約してもよし

またもう一つdカード GOLDを持つことで維持費を安くすることが出来ます。

その理由は通常ならオプションとして契約するケータイ補償の代替を、dカード GOLDケータイ補償というdカード GOLDが持つ特典が役割として果たしてくれるからです。

dカード GOLDケータイ補償は、最大10万円までの購入金額を全額dカード側が負担してくれるサービスで、紛失や破損によるスマホの問題を、同額請求書キャッシュバック・買い替えという形で補償してくれます。

ケータイ購入から3年間、dカード GOLDを保有していれば受けられる補償となっていて、スマホを買い替えるたびにまた3年間補償期間が更新されます。

こちらがあれば端末購入サポートのスマホのケータイ補償オプションに加入していなくてもスマホがダメになった時も安心できます。

ケータイ補償オプションは毎月540円オプション代としてかかってくるので、こちらを契約しなくても良いという事は維持費的にも助かる節約が出来るということになるでしょう。

これがもう一つのdカード GOLDの良さであり、端末購入サポート契約の維持費を下げるポイントになります。

 

端末購入サポートの維持費を安くするなら絶対にdカード GOLDを

というわけでここまで説明したように、高額になりがちな端末購入サポートの維持費を安くする方法にはdカード GOLDを使うことで問題を解決することが出来ます。

dカード GOLDにはここで説明した主に2つの特徴の他にも、利用によるポイント還元や入会特典によるキャッシュバック、それに利用額に応じたクーポンや海外旅行保険、空港ラウンジの無料利用といったスマホ以外のところでもお得な特典が用意されたゴールドカードとなっています。

そのため上記のメリット以外のところでも役立つクレジットカードであることは間違いないでしょう。

こちらを持っていれば維持費の10%+540円を削減することができるので、docomoのスマホと長く組み合わせることで普通のdocomoユーザーよりも長期的に見て何倍も得することになるはずです。

端末購入サポートによって機種の端末代が安くなって機種変更がしやすくなっているわけですが、それに加えてdカード GOLDを使うことで維持費もしっかりと削減することが出来るようになります。

端サポスマホを使っていくつもりならdカード GOLDは必須です。端末購入サポート対象スマホを契約するならば、ぜひ用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です