iPhone8、iPhoneXの予約はオンラインショップで行うべし!その理由は『頭金』


iPhone 8の予約が9月15日16時1分から、

iPhone Xの予約が10月27日から始まります。

iPhone8の発売は9月22日、iPhoneXの発売は11月3日からです。

どちらのiPhoneを契約するにしても、発表されているSIMフリー版の価格からキャリア価格も高額な値段をつけると予想され、特にiPhoneXに関してはキャリアでも10万円を超える価格となりそうで高額さが特に目立ちそうです。

そして何よりも今回も人気が高く品薄になってくることが予想され、しっかりと予約をおこなわないと手に入れるのが2018年となってしまう可能性もあります。

この記事ではこうした内容に目を向け、

  • 予約による早期購入を目指す
  • そして高額な値段を少しでも安く買う

という2つの目的をもってiPhone8、iPhoneXを契約できるようにする方法について解説していこうと思います。

 

素早く手に入れ、安く買うという2つを満たせるのは「オンラインショップ」

まず結論から言えば、特に機種変更をする場合なんかには、

  • なるべく早く手に入れる
  • なるべく安く購入する

というこの2つの求めたいポイントを満たしてくれるのは各キャリアのオンラインショップしかありません。

 

オンラインショップの場合、店頭のショップでの予約・契約と違う点が2つあり、

  • 予約を瞬時に行える
  • 頭金支払いやオプション加入が必要ない

という普通の店頭ショップ契約と比べても優位点と言える大きなメリットが存在しているので、今回求めている安さと早さというポイントを確実に満たしてくれます。

こうした理由からオンラインショップで予約して購入することが一番手早く・安く契約する方法なわけですが、ただこれだけを紹介しただけではよくわからないという人もいると思うので、より詳しく何故早く手に入れることが出来るのか、何故安く契約できるのかということを説明していこうと思います。

 

なぜオンラインショップだと早く手に入るのか

まずは予約をオンラインショップで行うことによって、なぜiPhoneX、iPhone8の入手が早まるのかということについて説明していきましょう。

iPhoneの在庫が確保されるのは、予約順となっています。

つまりiPhoneX、iPhone8を予約したタイミングが早ければ早いほど入手できる確率も高まってくるわけです。

そうなるとネットから予約できるオンラインショップと、店頭ショップでの予約について差が出てくるのは当然でしょう。

ネットからの予約であればすぐに済ませることが出来る一方で、店頭ショップでの予約は待ち時間や予約完了までの時間というものがかかってしまうため、「早い者勝ち」の在庫争奪戦の中で大きく後れをとってしまうことになります。

特にiPhoneに関してはこれまでの傾向として、予約が早かったと思っても当日購入が出来ない、それどころか当月での購入ができないなんてこともあり得るスマホです。

そのため少しでも早く手に入れたいならば、オンラインから予約を素早く通すことというのが求められます。

まずこれが一つ目の「早く手に入れる」ためにオンラインショップをオススメする理由です。

 

なぜオンラインショップだと安く手に入るのか

続いてはオンラインショップだとなぜ安くiPhoneが契約できるのかということを説明していきます。

正確には「安く」なるのではなくオンラインショップならば「高くならない」ということになります。あるいはiPhoneは「店頭ショップだと高くなる」という言い方でも良いかもしれません。

どちらにしてもiPhoneはオンラインショップなら安く、店頭ショップなら高くなる可能性が非常に高いため、契約をするならオンラインショップでするのがオススメということになります。

ではなぜ店頭ショップだとiPhoneが高くなるのでしょうか。その理由は主に『頭金』にあります。

店頭ショップだと2017年から頭金がiPhoneにも付くようになりました。これはキャリアやそのショップによっても金額は変わってくるのですが、大体8000円~16000円ぐらいが相場です。

そしてこの頭金というのは「端末代の一部」ではありません。「端末代とは別」の代金となっています。

例えばiPhoneが10万円で頭金が1万円となっていたとしましょう。普通ここで考えるのは、頭金とは先払い的な、割賦契約をする信用のために支払っているものであるというものでしょう。

だから頭金を払うといっても先に1万円払う形で、残りのiPhoneの端末代は9万円になる、という形になると思っている人も多いはずです。

ですがそんな普通の頭金の概念を覆しているのがスマホ業界で、端末代10万円のiPhoneに1万円の頭金が付いた場合、頭金がついても端末代は下がらないために総額の支払いでは11万円必要になってしまいます。

つまり頭金は存在しているだけで値上げになってしまうものであり、メリットの一切ない追加料金です。

ではなぜそんなメリットのない頭金がつくのかという細かい話をすると、これをつければその分店頭ショップの利益が上がるためです。契約する側にはメリットは一切ないものの、店側にはメリットがあるので付けられているということになります。

この頭金は今店頭ショップではほとんどのところが付けており、平均でも8000円を超えるような高額な金額になっているので、店頭ショップで契約をすると高額な買い物になってしまうということです。

そして一方でキャリアのオンラインショップでは、頭金を一切つけない契約が出来るようになっているため、iPhoneを店頭ショップよりも確実に安く買えるということになります。

この頭金の他にもオプションや事務手数料もかからないから安くなる、というメリットもあるのですが、主には頭金が高額な値上げを実現してしまうため、これを避けられるオンラインショップでの購入がオススメな理由として挙げられるわけです。

頭金のヤバさはさらに以下の記事でも書いてあるのでこちらもぜひ見ておいてください。

iPhone7の頭金、必要ないって知ってた?ドコモショップや家電量販店でかかる不要な料金 | スマライフ

 

iPhone X、iPhone 8の予約も購入もオンラインショップで

この2つの理由があるからオンラインショップは

  • 安く契約出来て
  • 早く契約できる

ということになります。

iPhoneを契約するにあたって割と大事なポイントになるとは思うので、安く早く契約しようという場合には店頭ショップを利用しないようにし、オンラインショップで予約も購入も済ますことがお金も時間も節約する方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です