docomo Galaxy S8 SC-02Jの機種変更実質価格が値下げ!MNPも一括化で高性能機種が契約しやすく


docomoから2017年の夏モデルとして販売されている最新スマホが早速機種変更で安くなっています。

Galaxy S8は今夏に発売したばかりで、人気の高さや性能の高さ、そして何よりもその評価の高さから今買うならオススメ度がすごく高いスマートフォンです。

発売当初は実質価格で5万円代と高額さが否めない価格ではありましたが、今回の値下げによって4万円代にまで下げられているので、これまでよりも多少ではあるものの買い易くなっています。

もっとも性能の良いスマホを買って長く使いたい、なんて考えている人にとっては是非とも選んでほしいスマートフォンの一つなので、値下げ情報と一緒に性能についても紹介してみようと思います。

また機種変更のコツも追加で載せておくので、そちらも参考にしてもらえるとお得に購入できると思います。

 

Galaxy S8 SC-02J、機種変更とMNPで契約しやすく

Galaxy S8 SC-02Jは7月21日からMNPに端末購入サポートが、機種変更で月々サポート増額という形で販売促進のテコ入れがされました。

MNPだとこれまでは実質価格で15552円だったのが、同じ価格ではあっても一括で契約できるようになったので、2年間使わなくても残債が発生することなく15552円という価格で買い切ることが出来るようになりました(その分14ヶ月間は短期解約金が発生してしまうのですが)。

機種変更では値下げとなります。これまで3万円強の割引しか付きませんでしたが、これが4万円強の割引に増えたことによって、実質価格が約1万円ほど値下がっています。実質46656円とMNPに比べると高いものの、機種変更価格としてはようやく何とかなる価格に変っています。

7/21~ MNP 新規 機種変更
価格 15552円 92960円
月々サポート 0円 ▲1971円
実質価格 15552円 46656円

MNPで一括、機種変更で値下げと21日から契約がしやすくなっているのは確かです。

 

高額に思えるものの最新スマホの中ではそれも納得の高い満足度

MNPで契約することを考えると、Galaxy S8の価格は最新モデルとは思えないほどに割引がされた上に一括で購入できるという好条件が発売直後にも関わらず揃っています。

こちらの契約内容は発売時期を考えると文句の無い内容です。ずばり安いです。安すぎます。

MNPは最近だとau系の格安SIMからでも簡単にできるので、解約金を払うことを前提としたMNP弾にしてしまって、こちらのGalaxy S8に乗り換えしても良いぐらいです。

MNPで契約するなら絶対安い契約です。

機種変更はまだ高額さというのを感じてしまうのは確かなところです。実質あかっく46656円は安いとは言いにくいでしょう。

ですがそれでも価格自体はXperia XZ Premiumに並んできましたし、その性能の高さや使っていての満足度の高さを考えると、これでもお買い得と呼べる販売価格かと思います。

今期のGalaxy S8は今のスマホの中でも最上級に使いやすい機種であることは間違いありませんから、機種変更で安くなったこのタイミングというのはGalaxy S8を契約するのに適した時かと思います。

Snapdragon 835で高性能かつ発熱が無い

具体的にどういったところが高性能であり使いやすいのかということを説明しておきます。

まずGalaxy S8は今夏に発売されたスマートフォンの中では、Xperia XZ Premiumと並んで高性能なスマホとなっています。

その他の機種がSoCにSnapdragon 820を使っている中で、Galaxy S8はSnapdragon 835という更に上の性能を持ったSoCを使っています。

Snapdragon 820を搭載した機種でも高性能で3Dゲームなどをストレスなく遊ぶことが出来るのですが、問題点として発熱がしやすいという点を含んでおり、長時間使っていると背面の発熱やそれに伴うバッテリー消費が激しくなってしまうなどの問題が一部機種で顕著にみられました。

Galaxy S8にはそうした問題がありません。これまで以上に動作やゲームなんかがストレスなく使えるように性能がさらに上がっているにも関わらず、発熱はS820と比較にならないほどに抑えられていて、発熱要因の操作のガクつきやバッテリーの異常消費なんかとは無縁のスマホになっています。

普通に使うアプリもゲームもヌルサクに動く高性能さに加えて、発熱が気にならず電池持ちも丸一日充電しなくても余裕という、現代のスマホとして完璧な性能・機能を持ったスマートフォンと言えます。

RAMも4GB、高画質すぎるWQHD画質の有機ELディスプレイ

他のスペックに目を向けると、RAMは4GBと多すぎるぐらいに十分な量を積んでいますし、それによってより高細微な解像度のディスプレイであっても動作が重くならなくなっています。

解像度はFull HDはもちろん、設定次第ではいわゆる「2K」のWQHD解像度を実現できています。これによってスマホではあるもののより臨場感ある動画視聴などが楽しめ、特にVRで利用する時にはその解像度の高さが強く活かせるようになっています。

2年後でも陳腐にならないスペックの高さは、良いものを購入しようとしている人にとって求めている内容に合致しているでしょう。

防水・防塵、おサイフケータイにも対応

さらに日本で使うにおいて便利な防水・防塵機能、それに各種おサイフケータイにも対応してくれているので、便利さで言えばスペック以上のものが得られる機種になっています。

おサイフケータイもEdyやモバイルSuicaのクレカチャージなんかでポイントがしっかりと溜まってくれるので、積極的に使っていきたい機能です。

 

これだけのスペックと性能、機能が用意されているのがGalaxy S8です。性能の高さゆえにこれまでのハイエンドモデルは発熱などに悩まされていましたが、今回のSnapdragon 835によって発熱や電池持ちといったところが大きく改善されており、不具合なども報告されることがほとんどなくなっています。

ゲームを中心とした高い性能が求められる作業に対しても難なく対応し、電池持ちも1日使い続けても心配いらないぐらいに良いものになっているのが今回のGalaxy S8なので、2年間またはそれ以上の期間を本当に良いスマホを使い続けたいという思いを抱いて機種変更したいdocomoユーザーにはピッタリなオススメスマホです。

今回はMNPだけでなく機種変更でも早速のてこ入れが始まっており、より買いやすくなったこのタイミングでの契約というのは時期が良いと思います。

Androidスマホで最高級の機種を望んでいた人、Galaxy S8を安く買いたいと思っていた人はぜひ検討してみてください。

 

頭金やオプションによる値上げに要注意

今回Galaxy S8が月サポ増額などによって値下げされていますが、それを狙っての便乗値上げに近いことがドコモショップや量販店の併売で行われているのが目につきます。

というよりも値下げ前から勝手に値上げしていたケースがほとんどなのですが、こうしたショップで契約を進めてしまうと値上げ分だけ他の人の契約よりも損になってしまうので、可能な限り引っかからないようにしてもらいたいところです。

値上げの要因は2つあります。

  • 頭金
  • オプション

この2つがドコモショップなんかでは半ば強制的に契約についてきます。どちらも「契約に必須」といわれるもののそれは「キャリア公式」で必須としているわけではありません。あくまでも「ショップ都合」で必須としているだけであり、頭金やオプションのないところで契約すればこれらの料金を支払う必要はありません。

頭金とオプションは、合わせて5400円~8620円ぐらいは値上げされた金額としてついてくるショップが大半です。これだけの金額が値上げされてしまうと、今回のGalaxy S8の値下げ効果がゼロに近いものになってしまうので、できる限り頭金とオプションを付けないショップでの契約というものが必要になります。

今のところそうした「優良」なショップの中で契約しやすいのがキャリア公式のショップとして唯一用意されているドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップは「キャリア公式」であるために頭金やオプションを強いるような契約をさせません。公式にとって不要な値上げは行われず、ちゃんとした安い価格での契約が出来ます。

ドコモショップのほうが機種変更時のサポートなんかをしてくれますが、頭金やオプションでサポート代にしても高すぎる金額を支払わなければならなくなります。ドコモオンラインショップならばそうした無駄な支払いがいらず、また受け取りをドコモショップ受け取りに指定すればオンラインショップの価格で購入できた上にドコモショップでの機種変更サポートを無料で受けることが出来ます。

こうした形で購入をドコモオンラインショップにしてわからないことがあったらその都度ドコモショップへ、という契約の仕方をすれば不要な頭金代などを払うことなくある程度のサポートを得られます。

もしもこれからGalaxy S8を契約する際には、こうした方法をとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です