docomoの機種変更でXperia XZ SO-01Jが一括化 おススメの格安契約方法について


docomoは決算期の値下げ機種として、3月も後半戦というこの時期に新しい機種を複数加えてきました。

しかもその新しい機種がどれも非常に人気の高いスマートフォンとタブレットということで、月サポがまだ残っていたり、端末残債がまだあるという人にでもぜひ買ってもらいたいと感じる契約になっています。

今回3月末までの短期間ながらも値下げになった機種は、

  • Xperia XZ SO-01J
  • iPad Air2
  • iPad mini4

という高い人気を誇る3機種です。値下げされている期間が短いのも納得な人気スマホとタブレットがついに一括価格で契約できるようになったのです。

 

現状iPadの2つについては在庫がほとんどないために、安くなったからと言っても購入しやすいかというとそうでもないのですが、Xperia XZ SO-01Jについてはまだ豊富な在庫がありますので、こちらのXZの購入についてどうやったら安く購入できるのかなどの情報をまとめてみたいと思います。

 

Xperia XZは一括25920円、下取りを利用すればXperia Z3ユーザーまでなら2万ポイント還元

17日に値下げされた機種の価格についてチェックしましょう。

まずiPadは一括0円から12960円までの価格になっています。

端末購入サポート価格
iPad mini 4/Air 2 32GB 0円
iPad mini 4/Air 2 64GB 5832円
iPad mini 4/Air 2 128GB 12960円

min4もAir2も容量が同じなら価格も同じです。一括で新規も機種変更も同価格で全体的に安い価格となっています。

ただしオンラインショップでは現在すべて在庫切れで、一部のモデルのみ予約受付中となっています。店頭でももう在庫も少なく、だいたいiPad Proに置き換えられているので、ちょっと購入しにくくなっています。

iPadについてはどうしても欲しいというようであれば足を使って探す必要があるでしょう。

 

値下げの注目はiPadよりも、スマートフォンの追加機種であるXperia XZ SO-01Jのほうになるでしょう。

新規とMNPの値下げは既に行われていましたが、17日からは機種変更もその対象になりました。

端末購入サポート価格
Xperia XZ SO-01J 25920円

一括価格は25920円とそこそこはするものの、スマホの性能を考慮すれば安い価格で収まっていると思います。

こちらのXperia XZはそのままでも欲しかった人には安い方なのですが、条件を揃えれば更に安く契約できるようにもなっています。

 

特に下取りプログラムで2万円の還元を出来る機種を持っていて、家族まとめて割が使えるという条件下であれば、キャンペーンの還元金額が販売価格を上回るようになるため、実質的な端末価格が0円になる場合もあります。

その方法としてはまず下取りプログラムで2万円以上の還元がされる機種を使っている必要があります。例えば今回のXperiaシリーズだとXperia Z3以降の機種になります。Z3やZ4といった2年以上前の機種を利用しているようならば、そちらを下取りに出すことで20800ポイントが還元されるので、この時点で一括25920円の価格が実質5000円ほどに下がります。

更に5184円の通信料割引が得られる家族まとめて割(期間内に2台以上家族で契約)を適用させることで、実質的な負担額は0円となります。

もしも今Xperia Z3やZ4なんかのちょうど交換に適した時期のスマホを持っているようであれば、絶対にこの方法で契約してもらいたいところです。かなりお得に新しい機種へと交換することが可能になってます。

 

17日からの値下げスマホはかなり良い機種が入ってきています。まだ機種変更を済ませてなかったという人は、もうこのタイミングで契約しなかったらいつするんだ、というぐらいにお買い得さが際立っているため、3月のこの値下げが多い祭りの最中に機種変更などを済ませておくようにしましょう。4月に先延ばしにしてしまい値下げが終わってしまった後だと後悔しきれないものになるでしょう。

 

更なる割引を得たいなら

dカードゴールドで通信費1割引き

このXperia XZの契約は端末購入サポートが適用されているので、通信費が高額になりがちです。シェアオプションなら3000円を超えない料金で使えますが、代表回線としてシェアパックを契約していたり、一人でdocomoを使ってデータパックを利用していると、月々サポートがないのでプランによっては6000~15000円ぐらいかかってもおかしくありません。

この通信費を安くする方法としては先のようにキャンペーンを利用するのが良いのですが、今のところ利用がまともに使えるキャンペーンとしては先ほどの家族まとめて割と下取りプログラムぐらいしかなく、こちらは既に端末代の値引きの一つとして考えているので、直接的に通信費を安くしてくれる可能性のある方法というのがありません。

そんな中で実質的な通信費の割引として、毎月1割引き相当を実現してくれる方法としてdカード GOLDと高額な支払い回線を紐づけるという方法が挙げられます。

これを実施するとどういうことになるのかというと、dカード GOLDを所有していればdocomoの通信費の10%をdポイントとして還元されるため、このdポイントを実質的な割引として考えると毎月1割引きが得られるという形の運用になります。

シェアオプションとかの3000円程度だと効果は薄いですが、6000円以上だと毎月10%が還元されると馬鹿には出来ないポイント金額になると思うので、この端末購入サポート機種を買うならば実践を検討しておきたい特典内容だと思います。もしも通信費が高い形での契約になったらこのdカードゴールドを用意しておくと良いでしょう。

今なら最大12000ポイントが貰えるキャンペーン中なので、その辺も合わせておくと便利に使えます。

 

機種変更にはドコモオンラインショップを利用

もう一つはもしもこのXperia XZ SO-01Jを買うならドコモオンラインショップでしておきましょう。

この内容はなんども繰り返してますが、オンラインショップは頭金と事務手数料がないので、通常よりも安く契約できる可能性が非常に高いです。

全国からの申し込みに対応しているため、在庫がなくなりやすいのがデメリットですが、それ以外では店頭ショップよりもお得さの目立つ契約ショップなのでぜひ利用してみてください。

頭金問題などはこちらを確認してみるとよく分かります。

iPhone7の頭金、必要ないって知ってた?ドコモショップや家電量販店でかかる不要な料金

2016.09.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です