docomoのガラケー・ガラホのオススメ機種 3月中に契約してほしいSH-01J


今docomoのガラケー・ガラホとして契約できる機種が非常に安くなっているので、そちらをここで集中的に紹介しようと思います。

ちょうど今3月の特異な月ということで、発売直後のdocomoガラケー・ガラホが期間限定で安い値段になっています。これが4月になるとまた値上がりしてしまう可能性があるので、この3月中に後悔しない契約ができるようにその詳細とお得度を説明していきます。

docomoのガラケーで新しい機種を求めていた人には、直近でお得に契約できる最後の大チャンスという感じなので、しっかりと目を通してもらって確認していただければと思います。

 

3月中はdocomoのLINEが使えるガラケーが一括で購入可能

docomoでは年度末となる2月3月にかけて立て続けにスマートフォンを中心に取扱い機種の格安販売を実施しています。

基本的にこれらの値下げは去年の動向も踏まえると3月末で一旦終了し、4月以降は暫く値上がりして目立った安売りのない状態になることでしょう。3月と4月で一旦区切りがつき、価格の変動(値下げ方面)が元に戻ります。

つまり今回のテーマでもあるガラケーに限らず、もしも機種変更や新規契約で格安な機種を購入したい場合には、3月の内にというのが必須条件になります。

さてこの3月中の契約に限るという条件が前提にはなりますが、今docomoのガラケータイプのケータイがセールの対象になっていて非常に購入しやすくなっています。

対象となるのはAQUOSケータイ SH-01JとP-smartケータイ P-01Jです。

この2種類のLINEが使えるいわゆる「ガラホ」世代のガラケーが今docomoでは機種変更や新規契約で安くなっています。

3月中の価格は通常の31104円から1万円以上の値下げが行われて、以下のような価格になっています。

SH-01J/P-01J 新規 MNP 機種変更
一括価格 0円 0円 19400円

規やMNPではなんと一括0円に、機種変更では19440円と3月のセール月間の名に恥じない価格を実現しています。

どちらも昨年の11月に発売されており、発売時期を考えるとあり得ないほどに安い価格を1ヶ月限定で付けてきています。LINEが使えてWebサイトもスマホUIで見ることのできるガラホタイプのガラケーで、これまでのガラケー以上に便利な使い方が出来るようになっています。またガラケーとしてもVoLTEに対応することによってこれまで以上に高音質な通話回線を利用できるようになっています。

ユーザーからの評価もどちらも高く、価格.comでは4点以上と安心して使えるレビューが付いています。

特に人気であり個人的にもオススメしたいのはシャープのSH-01Jのガラケーです。こちらはアプリを使うとマウスポインタで操作ができるタッチクルーザーEXを搭載している他、P-01Jに比べてSDカードの対応容量が多く、解像度も高いので文字が読みやすいという便利さがあります。またカメラの画質も良いとの評判なので、どちらを購入すべきか迷ったときにはSH-01Jのほうが色々とアップグレードされており使いやすいでしょう。

そして先ほどから触れている通りこのガラケー2種はLINEも使えるようになっているので、もしも家族でスマホを持っている人がいるようならば、そちらの人とも連絡がしやすくなるという利点があります。家族に新しいガラケーを買い与えたいなんて時には今が最大のチャンスです。

まずこのように3月中は最新のガラケーが一括で安くなっているので、機種変更はもちろん乗り換えなどで低価格にガラケーを追加したいという場合にもお買い得となっています。

 

維持費は2000円から

次にこのSH-01J・P-01Jで契約できるプランと料金についてを確認します。

この2つはガラケーではあるものの、従来のFOMA料金プランが契約できません。代わりにXiのガラケー対応料金プランを契約する必要があります。

Xiのガラケー対応プランではカケホーダイとカケホーダイライトプランに加えて、ケータイパックと呼ばれるデータ通信専用のパケット定額が用意されています。一人でガラケーを使う場合にはこのケータイパックを、2人以上で代表回線の子回線として使う場合にはシェアオプションを使ってパケット代を安くすることが出来ます。

具体的な料金表を見てもらったほうが総額が確認できるので以下をチェックしてください。

ケータイパック
(1台持ち)
シェアパック
(家族回線の子回線運用)
カケホライト 1296円
spモード 324円
パケットパック 324円~ 540円
合計 1944円~ 2160円

どちらもカケホーダイライトですが、通話をもっと長くしたい場合には+1000円でカケホーダイプランに変えることも出来ます。

維持費は約2000円前後。これで5分かけ放題+LINEが使えるガラケーが使えるという安くて便利な契約が出来るようになっています。1800円ならガラケーの支払い料金としては十分でしょうから、FOMAのプランにこだわらずに変更してしまって良いと思います。

LINE程度ならパケット代も上限にはいきませんし、ネットをどうしても見たい場合にはWi-Fiに接続できるので、そちらを利用するのも良いでしょう。今ならこのSH-01JとP-01Jの契約をすることでdocomoWi-Fiに無料で接続することが出来るので、これも有効活用できるはずです。

FOMAの料金プランが安くて気に入っていたという人も多いかもしれませんが、こちらのSH-01J・P-01J向けの料金プランも色々使えた上で安いのでオススメ出来ます。今後の新しいガラケーは恐らくすべてこの料金プランで使う機種になるかと思うので、今のうちに慣れておくのも良いかと思います。

 

3月までに機種変更なりMNPで契約を

ここまでの説明のように、今回値下げされて一括購入しやすくなったSH-01JとP-01Jというのは、今のガラケーの中ではVoLTEに対応してLINEも使えてしまう最新機種となっているので、こちらが値下がりしている3月中というのはガラケーを新しいものに変えようかななんて考えていた人にオススメしやすいものになっています。

4月になると今回の価格で買える可能性が低いため、もし3月中にこの記事を読んでもらえているのならばこちらのガラケーへの機種変更を積極的に行ってほしいところです。

維持費も通話定額なのに安い料金を実現しているので、1000円~2000円ぐらいで今ガラケーを使っている人にも大した値上げにならないと思います。

ガラケーをこれからも使っていく予定であれば最新機種が安いこの3月中を真面目にオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です