arrows SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jはdocomoの格安スマホとして新たな選択肢


docomoの機種変更向けスマホに新たなラインナップが追加されました。

機種変更では購入がしやすいであろう一括5832円という低価格での契約が可能になったスマホが1月20日より2機種出てきています。

価格の安いスマホと言えばこれまではMONO MO-01Jか2年間の前提が利用となるNexus 5xぐらいしか選べるものはありませんでしたが、2月3月のセールに合わせて大幅に値下げして購入しやすいスマホというものを準備してきています。

今回目立って安くなったスマホはarrows SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jという2機種です。

スペックとしてはMONO MO-01Jに近い廉価機種ではあるものの、国内メーカーということでサポート体制や各種日本向けの機能などではより優れているかと思うので、格安機種変更を目指すならばこちらの機種はぜひチェックしておきたい機種です。

arrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jの価格詳細

arrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jは一括5832円に値下げされましたが、まぁただ単純に値下げされたわけではないので、契約の条件などを詳しく知っておかないと使い方や契約の扱い方で変なことをしてしまった時に結果的に安い買い物にはならない可能性があります。

そこを価格の詳細としてまずは説明していきます。

 

まずarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jの販売価格は一括5832円で機種変更を含む全オーダーで契約できるようになっています。ただしこの価格は「端末購入サポート」が適用された場合の一括価格となっており、正規の価格は32400円になっています。まあこの正規の価格でも十分に安いのですが。

「端末購入サポート」が適用されているので、この契約には一定の縛りがあります。
こちらが適用されると端末の価格が一括で安くなるというメリットがある一方で、デメリット的なものとして14ヶ月以内の解約か機種変更といった契約変更をした場合に解約金がかかるというペナルティがあります。解約金は回線の解約金とは違って端末購入サポートの割引の解約金となり、今回の割引金額の一部が解約金としてかかってきます。

元々が32400円からの割引で5832円に下げられているので、割引金額の一部が解約金となっても安い(約14000円)のでそこまで高額な負担にもならずあまり大したことはないのですが、一旦このスマホと契約すると14ヶ月は機種変更が制限されるという点にはまず注意すべき内容になるでしょう。

また月々サポートは0円で、一括で安くスマホ代が下がるものの通信費に関連する割引はつけられていません。安く機種変更した後はしばらく通信費が高めの状態で使わなければならなくなります。

 

このようにarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jは一括5832円という非常に安い金額で機種変更できるスマホである一方、1年ちょっとの間に機種変更や解約をしてしまうとこの価格に割引した分の一部を返還する必要があるということ、そして通信費のほうは特に安くなる要素がないということになります。

これらを踏まえた上でarrow SV SH-03HとAQUOS EVER SH-02Jの一括5832円案件は契約するようにしてください。14ヶ月以内に次の機種変更を予定していなければ何も問題はないのですが。

家族まとめて割で一括648円とMONO MO-01J級の価格にもなる

ちなみにこのarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jは、もしも家族でdocomoスマホに機種変更しようとしている場合、その内の1台に含めることで家族まとめて割が適用される対象となっており、5184円の割引が1台につき得られます。

そうすると一括0円は規制されていますが、ほぼそれに近い価格である一括648円という安さで話題になったMONO MO-01Jと同じ価格で契約できるようになり、更に負担がなくなって購入しやすくなります。

家族まとめて割の適用には期間内に家族合計で2台以上購入することが必要になってきますが、この年度末はarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02J含めて安くなったスマホが多いので、それらの機種と家族一緒に契約してみるとこの割引も適用しやすいはずです。

今このarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02J以外で安くなっているスマホはこちらの記事で確認してください。

機種変更の安いドコモのセールスマホ、2017年7月の実質0円~1万円編

2016.01.01

 

arrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jの機能はMONO MO-01Jよりかは豊富で使いやすい

さてこのarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jの5832円契約とおそらく対抗する内容となるのが、これよりも安い648円契約ができるMONO MO-01Jでしょう。こちらのスマホも同じような端末購入サポートによって一括648円で機種変更含むすべてのオーダーでこの価格で契約できます。

約5000円安いということで、より価格の安いスマホを契約しようと考えたらMONO MO-01Jのほうが良いかもしれません。ですが機能などを見比べてみた場合、arrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02JはMONO MO-01Jよりも良い部分が目立つので、そこに注目してみると5000円多く払う価値があるかもしれません。

といってもそれぞれのスマホには一応一長一短があるので、その中から自分に合った機能を選ぶと良いと思います。

 

まずMONO MO-01J、arrow SV SH-03H、AQUOS EVER SH-02Jの3機種で共通している機能としては、防水・防塵機能がどの機種も用意されています。こちらは多くのユーザーにとって安心できる機能かと思うので、全ての機種に用意されていると助かるでしょう。ただarrow SV SH-03HとAQUOS EVER SH-02J はIPX5/8 IP6xとなっていて、MONO MO-01JはIPX5/7 IP5xと防水・防塵性能が一段落ちるものになっているのでその点だけは注意が必要です。

この他に機能性においてそれぞれの特徴が出てくるものについて紹介しましょう。

MONO MO-01Jは他の2機種にない機能としては「ハイレゾ再生機能」があります。他の2機種はオーディオ関連の機能は特に際立った内容もないのですが、MONO MO-01Jではハイレゾ再生をカバーすることでメディア環境が安い機種ながら充実しています。

arrows F-03Hは他の2機種にない機能としてはワンセグ視聴の機能が挙げられます。スポーツイベントやちょっとしたニュースなどを確認したい時には便利なワンセグですが、他の機種には用意されておらず格安機種ではこのarrowsのみがカバーされています。またMONO MO-01Jにはないおサイフケータイにも対応しているため、総合的な使いやすさではMONO MO-01J以上でしょう。

AQUOS EVER SH-02Jはこの中で唯一指紋認証が可能なスマホになっています。一度この指紋認証でスマホのロック解除を体感してしまうと普通のロック解除が面倒になってしまうというデメリットはありますが、この中の独自機能の中でも非常に便利なものになっているので、より快適な使い心地を常時感じていたいならこちらのAQUOS EVERが良いかもしれません。またこちらもおサイフケータイに対応しているので、その点においてMONO MO-01Jよりも機能性では良いものを持っています。

便利な機能度としてはやはりarrowsとAQUOSがどちらもMONO MO-01Jに比べて5000円高いだけのことはある機能を揃えているので、こちらも価格での比較と同様に参考にしてみてほしい内容です。

 

dカードゴールドで通信費1割引き

この2機種の契約は先述の通り端末購入サポートが適用されているので、通信費が高額になりがちです。シェアオプションなら3000円を超えない料金で使えますが、代表回線としてシェアパックを契約していたり、一人でdocomoを使ってデータパックを利用していると、月々サポートがないのでプランによっては6000~15000円ぐらいかかってもおかしくありません。

この通信費を安くする方法としてはキャンペーンなどを利用するのが良いのですが、今のところ利用がまともに使えるキャンペーンとしては先ほどの家族まとめて割と下取りプログラムぐらいしかないので、直接的に通信費を安くしてくれる可能性のある方法というのがありません。

そんな中で実質的な通信費の割引として、毎月1割引き相当を実現してくれる方法としてdカードゴールドと高額な支払い回線を紐づけるという方法が挙げられます。

これを実施するとどういうことになるのかというと、dカードゴールドを所有していればdocomoの通信費の10%をdポイントとして還元されるため、このdポイントを実質的な割引として考えると毎月1割引きが得られるという形の運用になります。

シェアオプションとかの3000円程度だと効果は薄いですが、6000円以上だと毎月10%が還元されると馬鹿には出来ないポイント金額になると思うので、この端末購入サポート機種を買うならば実践を検討しておきたい特典内容だと思います。もしも通信費が高い形での契約になったらこのdカードゴールドを用意しておくと良いでしょう。

今なら最大12000ポイントが貰えるキャンペーン中なので、その辺も合わせておくと便利に使えます。

 

機種変更にはドコモオンラインショップを利用

最後にもしもこのarrow SV F-03HとAQUOS EVER SH-02Jを買うならドコモオンラインショップでしておきましょう。

この内容はなんども繰り返してますが、オンラインショップは頭金と事務手数料がないので、通常よりも安く契約できる可能性が非常に高いです。

全国からの申し込みに対応しているため、在庫がなくなりやすいのがデメリットですが、それ以外では店頭ショップよりもお得さの目立つ契約ショップなのでぜひ利用してみてください。

頭金問題などはこちらを確認してみるとよく分かります。

iPhone7の頭金、必要ないって知ってた?ドコモショップや家電量販店でかかる不要な料金

2016.09.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です