docomoのiPhone7を長期契約ユーザーが購入したら価格や割引はどうなるのか【10年/15年以上】


docomoでは他社と比較しても長期間契約しているユーザーに対して特典を多数用意しています。

そのために長くdocomoを使っていればいるほど、他のユーザーに比べて割引などが発生しやすくなります。

今回その長期割引・長期特典を使って契約した場合に、人気のiPhone7がどういった価格で購入できるのかを解説してみようと思います。

長期契約特典は「ずっとドコモ割」が該当

まずdocomoにおいて行われている主な長期契約者向けの特典についてを確認しましょう。

docomoは割と契約期間に応じて割引金額を増やすという長期特典を頻繁にキャンペーンとして実施しています。2016年10月現在では新たなキャンペーン等は行われていないものの、定期的に新規キャンペーンとして登場してくるので、キャンペーンページのチェックは欠かさないようにしましょう。

不定期のキャンペーンとして長期特典を用意する一方で、恒常的な形でももちろん長期特典を用意しています。それが「ずっとドコモ割」と呼ばれる特典です。基本的に期間限定のキャンペーンを除いてはこちらの「ずっとドコモ割」が長期ユーザーが受けられる特典として考えられることのできるものになっています。

「ずっとドコモ割」含めて契約期間に応じた形のキャンペーンでは本体値引きがされることはありません。大体が通信料を割り引く形になります。

「ずっとドコモ割」内訳

「ずっとドコモ割」の割引は『契約年数』と『契約プラン』によって異なります。
契約年数は4年以上からが対象で、以降8年以上・10年以上・15年以上と判定の節目が変わっていきます。契約プランはパケットパックによって判定が変わり、基本的に高額なプランほど割引が増えます。

シェアオプションは対象外で、カケホライトのような安い基本料でも適用が可能となっています。

料金表は次の通りです。

4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ウルトラシェアパック100 ▲1000円/月 ▲1200円/月 ▲1800円/月 ▲2500円/月
ウルトラシェアパック50 ▲800円/月 ▲1000円/月 ▲1200円/月 ▲1800円/月
シェアパック15 ▲600円/月 ▲800円/月 ▲1000円/月 ▲1200円/月
シェアパック10 ▲400円/月 ▲600円/月 ▲800円/月 ▲1000円/月
シェアパック5 ▲100円/月 ▲200円/月 ▲600円/月 ▲800円/月
ウルトラデータLLプラン ▲200円/月 ▲400円/月 ▲600円/月 ▲800円/月
ウルトラデータLプラン ▲100円/月 ▲200円/月 ▲600円/月 ▲800円/月
データMプラン ▲100円/月 ▲200円/月 ▲600円/月 ▲800円/月
データSプラン ▲600円/月
らくらくパック ▲600円/月

税抜きなので実際の割引額はもう少し上がります。

例えば10年以上で契約している人の場合は~円からの割引が付くようになっています。2年間の総額では最低でも~円、最高で~円と普通に契約している人と比べても安くなります。また一応便宜上2年間の総額で計算していますが、「ずっとドコモ割」は恒常的、つまりdocomoを契約している限りは割引が続いていくため、契約期間が長ければ長いほどに長期ユーザーのお得度が増していきます。

iPhone 7 128GBを長期ユーザーが契約したらどうなるか

実際にこの長期ユーザー特典である「ずっとドコモ割」を使ってiPhone7を契約したらどういう価格になるのかということを計算してみようと思います。今回の長期ではdocomoユーザーでは割と平均的な10年以上の利用者を想定しています。

契約するプランは一応3パターン用意しました。

iPhone7 128GB データM ウルトラLL シェアパック10
カケホライト 1836
spモード 324
月々サポート ▲2322
パケット定額 5400 8640 10260
合計 5238円 8478円 10098円
端末代 93960円(3915円×24回)

通常だと上記の料金表になりますが、10年以上契約している長期ユーザーになると次の料金表のようになります。

iPhone7 128GB データM ウルトラLL シェアパック10
ずっとドコモ割適用維持費

(10年以上の場合)

4590円 7830円 9450円

10年以上の場合、プランにはよるものの大体600円以上の割引を毎月受けることができ、通信費全体を負担の軽いものにしてくれます。ぱっと見の料金比較でも結構安くなっていると感じられるのではないでしょうか。これが毎月継続してくるわけですから、より長期的に見てdocomoを使うことはお得な運用を続けることができるようになります。

 

 

docomo長期ユーザーがもっとお得になる方法

docomoの長期特典はこの「ずっとドコモ割」がベースとなります。たまにキャンペーンが追加で行われますが、この「ずっとドコモ割」一つあれば割引自体はかなり大きめのものを得ることが出来ます。申し込みは不要でdocomoの契約期間が4年以上あり、指定された料金プランを契約していれば適用されるというものになっています。

この割引一つでも十分に長期ユーザーは割引のメリットを得られるのですが、これ以外にも長期間docomoを使っていこうという場合にお得さが増す方法というのがあります。

それは「dカードゴールド」をdocomo回線とセットにしてdポイントの還元を受けるというものです。

dカードゴールドは毎月の料金から10%をdポイント還元

「ずっとドコモ割」を適用できる人というのは何年もdocomoを使っており、これからもdocomoを使う予定の人が多いことでしょう。

そんなこれからもdocomoを使っていこうとしている人にピッタリの特典を「dカードゴールド」は用意しています。その特典とは、「dカードゴールド」と保有するdocomo回線の電話番号を紐づけると、その回線の料金の10%がdポイントとして毎月還元されるというものです。

10%の還元がされるというのはかなり大きな特典です。1000円で100ポイント、10000円で1000ポイントとしてdポイントを貰うことが出来るということですから。

これも 「ずっとドコモ割」と同じで一時的なものではなく恒常的に毎月docomoの支払いの内10%をポイントとして還元してくれるため、今後もdocomoを使うつもりならなるべく早めにdカードゴールドを持ってポイント還元の恩恵に授かるべき特典内容です。

大体個人でもdocomoの料金は5000円ぐらい、家族のシェアを束ねる代表回線としてシェアパックに加入しているなら10000円ぐらいは毎月支払っていることでしょう。そうなると500~1000ポイントと毎月貰えるポイントとしては馬鹿に出来ない金額が戻ってきますので、これからも長くdocomoと付き合うつもりなら必須のカードです。

一応これ以外にもクレカ利用でdポイント還元、様々な割引クーポン、スマホ故障や紛失の10万円購入サポートなど様々なメリット込みでこちらの特典も利用できるため、docomoユーザーを続けるなら持っていて得しかしないクレカです。

こちらも長期契約を前提に考えた時にお得になるものとして考えることが出来ます。

 

ドコモのiPhone 7を安く契約するための準備 dカード発行/予約山分けキャンペーン/オンラインショップ/下取り活用

2016.09.10

 

こうした 「ずっとドコモ割」による割引によってdocomoの長期契約者は毎月の料金が割引になるために、普通の契約の想定よりも安くスマホを運用出来ます。

iPhone7では例にもあるように、個人では5000円以下の維持費、1万円以下の維持費が

そしてこれからもdocomoを使っていくつもりならば、dカードゴールドによる通信費支払いからのポイント還元を更に重ねる形で利用すれば、もっと普通のdocomoユーザーよりもお得にスマホ等を運用することが出来るようになります。

長期契約者にはこれだけのメリットと、更に安くするための方法としてdカードゴールド特典が用意されています。どちらの特典も駆使すれば最新のiPhone7でも安く運用できるということで、長期ユーザーあるいはこれから長期的に使っていくことを考えている人は今回の内容を頭に入れておいてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です