ソフトバンクがiPhone 6sを実質10,800円の投げ売り価格に値下げ!コジポ併用でマイナス価格に


iPhone 7の発売に伴ってそれ以外のスマートフォンの値下げが各社で行われるようになっています。

auなんかでは予約日にiPhone 6sの値下げなんかをしてきましたし、docomoでもiPhone SEを特定の契約方法で値下げしました。

iPhone 7の発売日にはdocomoでもiPhone 6sの値下げを行って契約価格が下がり購入しやすくなっています。

そんな中で特に値下げが今回凄かったのはSoftbankです。SoftbankがiPhone 6sにみせた値下げは3キャリアの中でも特に目立ったものになっていて、価格は3キャリア中最安です。よくキャリア間の料金プランの横並びが話題になりますが、このSoftbankの値下げにこそ他のキャリア横並びで追随してほしいぐらいの内容になっています。

Softbankが今回値下げで見せたiPhone 6sの価格は、かなり安く設定されたものなので、iPhone 7じゃちょっと高いと感じていた人なんかが手の出しやすいものになっています。今回はそのニュースとより安く契約する方法についても説明し見ようと思います。

価格情報

iPhone 6sと6s PlusがiPhone 7発売と同時に値下げされています。

機種変更価格 一括価格 実質価格
iPhone 6s 16GB 62160円 10800円
64GB 75120円 21600円
128GB 88080円 27000円
iPhone 6s Plus 16GB 75120円 21600円
64GB 88080円 34560円
128GB 101040円 40680円

値下げは一括価格と実質価格の両方で、どちらも値下がりが起きたことでSoftbankのiPhone 6sは16GBモデルだとAndroidの機種を含めたすべての機種の中で最安に近い価格を実現することになりました。

これがかなり凄いことです。一応一世代前のiPhoneになるとはいえ、まだまだ高性能なiPhone 6sが機種変更価格では最安値級の値段で買えるようになっているのですから。もっとこの値下げが話題にもなって良いぐらいの下げ幅になっています。

一括で6万円台、実質で1万円からという格安設定になっているので、機種変更のしやすさはSoftbankスマホの中でも格別です。64GBでも実質2万からなのでやはりこちらも契約はそこまで厳しいものにはならないでしょう。

このようにSoftbankのiPhone 6sは値下げによって取り扱いするすべてのスマホの中でも安価なスマホに化けています。そしてこれは各キャンペーンを使うことでもっと安くなる可能性を秘めていて、そちらの活用方法次第では更に安い契約が可能になってきます。その方法についてこれから説明していきましょう。

 

下取り利用で実質0円以下に

まず使えるキャンペーンで大きいのは下取りプログラムです。機種変更なのでタダで機種変更キャンペーンという名前ですが、これを使うとiPhone 6sの値段は今以上に安くなります。

下取りプログラムについてはiPhone 7でも活用必須ということで詳しく説明している記事があるので、大まかなところはそちらの記事で説明していますが、特にiPhone 5sでも2万円分の割引が24ヶ月かけて得られるようになっているので、これが使えれば実質価格はマイナス1万円からということになります。

SoftbankとauのiPhone 7は下取り込みで契約すると機種変更でも0円以下のとんでもない安さに | スマライフ

iPhone 5sを使っているユーザーなら多くの人が該当すると思うので、下取りにこちらの機種を利用すればただでさえ安くなったiPhone 6sをもっと安くして契約することだってできてしまいます。この安いiPhone 6sをより安く契約したいならばiPhone 5s以上を使った下取りが確実に効果的になります。

まず一つ目の方法がこの下取り、タダで機種変更キャンペーンの適用です。

ポイント利用で実施0円以下に

もう一つはソフトバンクポイントを使って契約するという方法です。

ポイントについてもiPhone 7と絡ませて説明した記事があるので詳しくはそちらを読んでください。今だとコジポと呼ばれるMNP引き止めのためのポイントが比較的多くのユーザーに貰えますし、更にDMで配っているポイントやウロポと呼ばれる新たなポイントまで登場してきて、ポイントを使って機種変更の値段を下げるチャンスというのはかなり広がっています。

SoftBankが『ウロポ』(ウロウロポイント)を配布中!マイソフトバンクで解約検討の動きを見せると貰える新たなコジポ | スマライフ

最大で30000ポイント、そちらが無理でも15000ポイントは手に入りやすいものとなっているので、これを使ってしまえば実質0円以下もこれまた簡単になるでしょう。

下取りと併用すれば約35000円~5万円分の還元が得られる可能性も生まれており、SoftbankのiPhone 6sは強烈な値引きを併用して契約できるチャンスを持っています。

 

価格重視で考えたい人にオススメ

iPhone 7の話題で盛り上がっている中で、iPhone 6sの話題というのもズレている気がしますが、実際話題が出来るほどに安い金額で販売がされているので、iPhone 7の機能に対してそれほど魅力を感じない人なんかは価格重視でこちらを選んでみるのも良いと思います。

価格重視で機種変更するスマホを決めたい人は、別の安売りAndroidよりも安くなってしまっているので、コストパフォーマンス重視に購入するのに適していると感じます。

iPhone 7のように防水やSuicaが使えるという大きなメリットはありませんが、今までも防水やSuicaのないスマホを使ってきていればiPhone 6sでも問題ないでしょうし、性能の良さからも高い満足度を得られるスマホであるのは間違いありません。

安いスマホならあまり端末の種類は問わず機種変更したかったようなら、値下げ+下取り高額維持+ポイント施策が重なって通常よりもお得に機種変更できるこの時期に、iPhone 6sへの機種変更をしてみることをオススメします。安い施策が重なっている内に契約しましょう。

契約するならオンラインショップで。Softbankショップだとやっぱりタブレットやルーターを追加で買わされてしまうので、そうした店は避けるのが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です