ドコモオンラインショップで機種変更契約 安くてお得なスマホラインナップを紹介

dos

この記事ではドコモオンラインショップで機種変更するべきオススメの「高性能かつ不具合少なめな低価格な安いスマホ」というものをピックアップしてみたいと思います。

新しいスマートフォンに機種変更したい、しかし特に欲しいスマホが無い、こんな時にはなるべく低価格でそれでありながら性能がしっかりしたスマホというものが欲しい、という考えになるかと思います。

そんな考えの人にむけて今回この記事では機種変更でお買い得なのは当然として、プラスαで性能が高めの機種を厳選して紹介します。

また今回はドコモオンラインショップで機種変更することを想定していますが、「なぜドコモオンラインショップなのか」という点について、ドコモオンラインショップのメリットを紹介することで機種変更をその他のdocomoユーザーよりも賢くお得に使ってもらおうかと思います。

 

ドコモオンラインショップで買うべきお得な機種

ドコモオンラインショップで機種変更すべき機種については一定の基準値を満たすものにしています。基準値は以下の2つをなるべく重視しています。

  • 実質価格が安い
  • スペックが高いのは前提で不具合報告が少ない

この2つです。2つしかないものの、どちらも機種変更をする上ではとても大事な要素になっているので、今回オススメ機種として挙げているスマホを購入することで、料金の値上がりも少ない上に操作で何か問題やストレスのないまともなスマホを契約することができるはずです。

特に「これが欲しい!」という機種はないものの、バッテリーのへたりや動作がだんだんと重くなってきた、対応していないアプリが増えてきたというユーザーが機種変更したい時に、不満なく使える機種になっているのでスマホ契約の参考にしてみてください。

Xperia Z5 compact SO-02H

 

so02h

まずは人気のXperiaから。

比較的安い上に不具合がその他の機種や同シリーズモデルの中でも少ないXperiaとして『Xperia Z5 compact SO-02H』が挙げられます。

このモデルはコンパクトな4.7インチのスマートフォンで、その他のXperiaに比べると持ち易く大きすぎない絶妙な大きさのモデルです。

Z5シリーズの中では不具合報告が少なめのため、安定して使えるスマホであることは間違いないでしょう。発熱の報告はあるもののZ5やZ5 Premiumよりもその悪評は少なく、動画やゲーム利用を抑えることで発熱問題はそこまで酷いものにはなりません。

防水・防塵、おサイフケータイ、指紋認証と普段の利用・国内での利用において便利な機能が標準化しているので、これらの機能が必須という人にはベストに近い取り換え先の機種になるはずです。

機種変更時の実質価格は25920円。すごく安い訳ではありませんが、全体の中ではこれでも安価な部類に入ります。キャンペーンの適用を増やすことで、1万円台での購入も可能になってくるので、そうした工夫をしながら契約するといいでしょう。

ケースやフィルムを含むサードパーティーアクセサリーが豊富ですし、将来的に下取りに出す時もXperiaは優遇されるために次のスマホを契約する時にも有効なスマホです。

多様な使い方に対応できるスマホであり、比較的安く契約することができ、困った時にも利用しているユーザーが多いために問題解決もしやすいというメリット多めなオススメスマホの一つです。性能と価格で手の出しやすいスマホでしょう。

 

iPhone SE/6s

seiphone

次は無難な選択肢としてiPhoneを。

iPhoneについては本当に機種による不具合というものは少なくiOSのアップデートを即座に行わなければ不具合関連に巻き込まれることは非常に少ない機種です。下取りでもdocomoの下取りはもちろん、他社へ移動するときにも下取りで優遇されますし、iPhone間のデータ引き継ぎも簡単であるためにiPhoneを使い続けることで、次の機種変・次の次の機種変の時にまでお得で簡単に乗り換えられる契約を引き継ぐことが出来ます。

防水やおサイフケータイはまだ対応していないですが、こうした点にさえ目をつぶれば一番契約しやすいスマホであることは間違いありません。

価格で安いのはiPhone SEです。こちらはFOMAからの機種変更なら5832円から、Xiからでも15552円からとdocomoのスマホの中でもかなりの低価格で販売してくれています。画面サイズは4インチしかありませんが、コンパクトさではXperia Z5 compact以上に小ぶりで、手にフィットする機種です。iPhone 5sから内部のCPUをブラッシュアップさせるなどして、長期で使うにも十分な性能へと上がりましたから、このモデルは「iPhone」と「格安」を両立させたスマホとしてオススメしたいです。

価格ではお得感は少なくなるものの、画面サイズが大きくなって情報が多く読み取れるようになり、3Dタッチなどの新機能も使えるモデルとしてiPhone 6sもオススメの機種です。ネットをするならiPhone SEよりも画面が大きいためしやすく、バッテリー容量も大きいので適しています。

下取りはもちろん中古白ロムショップでも高額買取が2年後でも余裕で期待出来ますし、今だと機種変更先取りプログラムによるiPhoneの取り換えのしやすさもあって良い機種です。価格は安くはないものの、下取りを利用したり2年後の下取りで高額になる機種というリセールバリューのことも考えると、コストパフォーマンスはその他のAndroidスマホとは異なる良さを見せます。

不具合の少ない安定した機種と考えた時にもiPhone 6sを選ぶのは間違いではないでしょう。

 

AQUOS Compact SH-02H

sh02h

Xperia Z5 compactが若干高いという人にはこのAQUOS Compact SH-02Hを提案することが出来ます。

こちらはほぼXperia Z5 compactと同じような性能でありスペックですが、RAMが3GBだったり発熱の少ないSnapdragon808をCPUに使っていたり、動きのある動作に強いハイスピードIGZOをディスプレイに使っていたりと、細かいところではZ5 compact以上になっています。狭額縁のEDIGSTデザインを採用しており、同じ4.7インチの画面サイズなのに4インチiPhone級のコンパクトさを実現しているのもポイントな機種です。

防水や防塵、おサイフケータイにも対応しているので、使い勝手は抜群のものになっています。

バッテリー持ちが特に操作を連続で行うと早くなくなってしまいますが、待ち受け中にゴリゴリ減っていくこともないので、うまく省電力モードなどを扱いながら利用すれば1日充電しなくても使えることでしょう。

Xperiaに比べるとあまり人気のないということで実質価格は15552円になっていますが、実用性では非常に満足のいく性能となっていますので、ブランド力にこだわらなければこちらのAQUOS Compactのほうが安くてお買い得になるでしょう。

 

Nexus 5X

5x

在庫が少なくオンラインショップ限定にはなるものの、価格で言ったら一番オススメなのがNexus 5Xです。

在庫限りなのですぐになくなってしまう可能性はあるものの、実質価格648円はここまで紹介してきたスマホの中でも最安値です(もちろんdocomo販売スマホの中でも)。

GoogleのNexusモデルとなり、不具合はほとんどなくOSアップデートが発売から18ヶ月は確実に保証されているため、セキュリティ面や機能面でも最新のものを利用できるようになっています。単純なスペックも高いので、今後数年使えることを考えても本来なら価格抜きでオススメ可能なスマホです。

そんなスマホが今なら648円となっているのですから、価格の安さも相まって本当にオススメ度は現在高くなっています。オンラインショップで在庫が残っているようならなくならない内に買っておくのが良いスマホです。

弱点はiPhoneと一緒で防水やおサイフケータイに非対応なところです。これらの機能に必要性を感じる人は、価格が安くてもちょっと他機種との比較をしてからにしたほうが良いと思います。これまで防水機種を使ってこなかった、おサイフケータイも使ってこなかったようなら迷わず買ったほうが良い機種です。2年間で648円の実質価格なので、支払い料金が増えることというのは月サポや残債が残っていない限りまず影響ないレベルですので、在庫がある内にぜひ買って欲しいdocomoの格安スマホです。

 

追記:10月は絶対iPhone 6s

6ssumalife

iPhone 7発売に伴ってiPhone 6sが思わぬレベルで値下げされ始めています。

現状このiPhone 6sの在庫がある限りは、今一番機種変更でねらい目のスマホになるのは間違いありません。上記でオススメした各スマホの中でも対抗できるのはNexus 5xぐらいしかないほどのコストパフォーマンスの良い格安契約が可能になっています。

価格は64GBでも15552円という安さ。これは期間限定かつオンラインショップ限定なのでお早めに。15552円ということ今回紹介したXperiaやAQUOSよりも安いということになります。防水こそありませんが、それさえ許容できれば性能面での安定性やアプリ対応、トラブル時にネットで解決できる可能性などでAndroidスマホ以上に使いやすいものになるでしょう。

iPhone 6sの場合次の機種変更の時にも下取りや中古ショップへの売却などで購入補助料金を高額に得ることが可能なので、将来的に安くスマホを買おうと思った時にもこのiPhone 6sは非常にお買い得かと思います。

ともかく15552円というdocomoの中でも格安な部類になる価格がiPhoneに付けられているため、在庫がある内はこの機種の購入が一番良い選択になるでしょう。

 

何故ドコモオンラインショップなのか

以上のスマホの中から、自分の使い方に合うスマホ(防水対応やおサイフケータイ対応、その他メーカー独自機能)や好みのデザインによって機種変更するスマホを選んでもらえれば、今後長期間不具合などに悩まされる可能性が少ない上に、Androidのバージョン問題からくる非対応アプリなども気にする必要もなく、安心して使い続けられるスマホを購入することが出来ます。

この各オススメスマホを契約するショップには、今回ドコモオンラインショップを指定しています。
ここからはこの理由について詳しく説明することになります。

何故ドコモオンラインショップなのか。
その理由は割と単純で、ドコモオンラインショップで契約したほうが(特に機種変更において)確実に安く契約できるからです。

新規やMNPはその限りではないのですが、機種変更では「確実に」今ならドコモオンラインショップのほうが安く契約が出来るようになっているので、契約するショップにはこちらを指定しています。

その詳しい「安く契約できる理由」と、その他ドコモオンラインショップが持つ契約上の「メリット」について以下では羅列しておきます。

 

安く契約出来る理由

1:約5400円の頭金がかからない

まず一番大きい「安い」理由は頭金が一切いらないというポイントです。

これはドコモオンラインショップで機種変更をオススメする一番のメリットだと断言できます。

これがなぜメリットになるかというのを知らない人は、ぜひ近くのドコモショップに足を運んでみてください。そしてそこで各スマホの料金カードを見ていただければ、頭金が5,400円ほど設定されているのがわかるかと思います。

この頭金はdocomoの公式料金とは‟一切関係のないショップが上乗せさせた支払い料金”であり、本来ならば0円に設定されるべき料金です。それがなぜ5400円前後の金額で設定されているのかというと、この頭金がないとドコモショップなどは機種変更契約での利益を得ることが出来ないからです。基本的に新規やMNPを取らないとドコモショップでは十分な利益が得られず、機種変更では冗談ではなく雀の涙程度の利益しかありません。
その機種変更をする客にスタッフがついて、数時間対応するとなると、場合によっては人件費含めて赤字にもなりかねないので、頭金をつけて利益をしっかりと確保しようとしているのです。

こうした事情から特に機種変更契約のスマホには頭金が高額に設定されていて、本来のスマホの価格よりも高額な支払いが要求されてしまいます。

ショップの事情はある程度理解は出来ますが、だからといって平均で5400円近く「無駄なお金」を支払える余裕のある人は少ないでしょう。この頭金は限りなく0円に近い方が契約者としては助かるし嬉しい内容です。

 

そんな中で「頭金0円」を実現しているのが正にドコモオンラインショップです。

 

人件費や店舗家賃などが無いタイプの公式ネットショップであるため、頭金は当然0円で契約すること出来ます。

こちらを利用することで、頭金のかかったドコモショップで契約している「(言葉は悪いですが)可哀想なユーザー」よりも、確実に安くてお得な契約をすること出来るというわけです。

 

2:オプション契約が任意、事務手数料も2160円が唯一無料

もう一つ安さに繋がるメリットとしては強制加入させられるオプションがない・事務手数料としてかかる2160円が特別にかからないというポイントがあります。

 

オプションの強制加入問題については先ほどの頭金と深く関わって来ます。

一部のドコモショップや家電量販店(ヨドバシやビックカメラ)では、設定された頭金を0円にする代わりに、複数の月額課金オプションへの加入を求められることがあります。

大体は300円から500円ほどのオプションへの加入で、合計しての月額課金も良心的なところなら2000円ほどに抑えられたものになっています。

しかしこれらのオプションも結局最初の月額はある程度かかってきてしまうため、加入が任意のドコモオンラインショップと比べると決してお得ではないですし、こういうオプションによって頭金を代替することは、解約忘れを狙って継続課金をさせようという意図を持ったショップも少なくなく、解約忘れによって結果的に頭金なんかよりも高額な総額を支払い続けている人が後を絶たない状況です。

こうしたユーザーをハメる意図を持った強制加入オプションを設けているようなショップでの契約は、全然お得ではないですし気持ちの良いものではないことは確かかと思います。

 

そしてもう一つ確実にドコモオンラインショップが安くてお得な契約ショップであるポイントとして、事務手数料が無料というのも見逃せません。

このメリットはドコモオンラインショップでしか享受できないものになっていて、普通のショップでは絶対に得られないメリットです。

機種変更をする際、どんな形の契約であっても普通のドコモショップ等の店頭受付ショップでは、機種変更事務手数料がかかります。

FOMA⇒FOMA・Xi⇒Xiの場合は2160円、FOMA⇒Xiの場合には3240円の機種変更事務手数料です。

これがドコモオンラインショップならば2160円の事務手数料ならば無料になります。FOMA⇒Xiの事務手数料も2160円に値下がりするため、確実にショップ契約よりもお得な形で契約をすることが出来るという明確なメリットがあります。

 

こうした頭金・事務手数料・オプション加入といった、通常のケータイショップで契約した時に追加で支払う必要が出てくるようなお金が、ドコモオンラインショップではかからないというのがオンラインショップでの機種変更契約のほうが「お得」であり「安い」理由になります。

このメリットを生み出せるのは現状ドコモオンラインショップのみであり、総額を合わせれば確実に7000円以上はお得に契約できるようになっているため、機種変更をするならドコモオンラインショップがオススメだとしています。

 

※新規とMNPだと利益率が高いため、ドコモオンラインショップにはない値引きなどが通常のショップで期待されます。そのため新規とMNPでも頭金がかからないという同じお得さをドコモオンラインショップは持っていますが、値引きがあることを考えると機種によっては普通のショップのほうが良い可能性があるので注意してください。機種変更だとこの値引きというのがまず行われないためにドコモオンラインショップがベストではありますが、新規MNPはちょっと様相が違います。

 

その他ドコモショップにはない大きなメリット

上記の2つの大きなメリットは特に金銭面でのお得さ・安さというポイントに絞っていますが、これ以外にもドコモオンラインショップにしかない契約上のメリットというものがあるので、そちらを確認しておきます。

料金を効果的に安くするようなものは少ないですが、活用次第ではドコモショップ等で契約するよりも比較にならないほど便利に行うことができるので、ぜひ読んでみてください。

1:待ち時間一切なし

スマホの契約で何がいちばん面倒かと言えば、待ち時間が長くかかるというところです。

ドコモショップはもちろん家電量販店でも契約が完了して実際に自由に使えるようになるまで相当な時間がかかってしまいます。

ドコモショップではスマホの契約をしに来ている人はもちろん、修理依頼や携帯料金の支払い、それに使い方なんかを聞きにきているような人がたくさん来ており、まず受付までに30分から1時間以上必要なことはザラにあります。しかもこれが休日だと更に待ち時間に拍車がかかり、1時間待ちは余裕でかかってしまうのが常態となっています。

これは待ち時間のみになるため、待ち時間を耐えてようやく契約を始めることができ、この契約に更に1時間近くを所要するのが全体の流れです。

 

この待ち時間と契約時間をかけてスマホを契約する余裕があるならいいですが、大体の人はストレスを抱えてショップ全体がピリピリとした雰囲気になっていることも良くあります。またiPhone発売時期なんかはこの待ち時間が3時間4時間は当たり前になってくるので、相当な忍耐力がないと耐えることは難しいでしょう。

家電量販店なんかは修理依頼者や料金支払いをしにくるユーザーが少ないですが、空いている時間帯は大体研修中の店員があてられてしまうため、マニュアル全開で時間短縮を考えない、そしてイレギュラーな契約状況に対応できない新人店員の接客を受けるため、結果的に契約までに時間がかかってしまい新しいスマホを契約しようとわくわくしていた気持ちに、大きな水を差されてしまいます。

こうしたショップ契約における契約までにかかる時間というものを、オンラインショップではわずか5分程度の入力で済ますことができてしまうため、ストレスフリーで契約を済ますことが可能です。契約する際の新しいスマホを使う楽しみというのも待ち時間で溜まったストレスに潰されないため、気持ちの良い契約が出来るというのも個人的には大きなポイントになります。

これもオンラインショップのメリットです。

 

2:コンビニ受け取りからドコモショップ受け取りまで可能

オンラインショップで契約したスマートフォンは、通常自宅に届いて日時や時間指定も出来るのですが、どうしても都合が合わなかったり、予定がまだ確かではないということもあると思います。

そんな時は自宅以外に2つの主要なスポットで受け取りをすることも可能であり、こちらもドコモオンラインショップのメリットです。

受け取り可能な場所はコンビニとドコモショップです。

コンビニは、ファミリーマート・ローソン・ミニストップで受け取り指定が可能で、どこも24時間受け取り可能なメリットがあります。会社の残業で自宅受け取りもドコモショップ受け取りもできず、次の土日まで待たないと受け取れない、という忙しい人でもコンビニ受け取りを指定すれば会社帰りに新しいスマホを簡単に受け取ることが出来るようになっています。コンビニ受け取りは社会人の方には非常に便利な受け取り指定方法になるでしょう。

もう一つのドコモショップで受け取りも実は便利な方法です。ドコモショップで受け取りを指定した場合、ある一定の初期設定までならばその受け取りのドコモショップで可能というメリットがあります。ドコモショップで受け取りますが料金の支払い等はドコモオンラインショップを使っているので頭金や事務手数料はかかりません。こうしたメリットを受けた上で設定各種をしてもらうというショップ独自のメリットまで使うことが出来るのがこのドコモショップ受け取りの良さです。

流石に初期設定以外に各種アプリの設定までは断られることはありますが、初期設定全般をしてくれるというポイントは非常にうれしいメリットになるでしょう。

この受け取り場所の指定はオンラインショップのメリットであることは間違いありません。

 

3:新製品は当日受け取りも可能

新しいスマホを買うのにもドコモオンラインショップは適しています。

というのも新製品でもしっかりと予約をすることで発売日当日に受け取ることが可能だからです。

これはAndroidはもちろんのことiPhoneであっても例外ではありません。新型iPhoneの予約を素早く行っておけば、わざわざショップで長時間待たなくとも当日に自宅に送られてくるようにドコモオンラインショップではiPhone 6から対応をしています。

新製品は発売日当日に使いたいという考えのユーザーは結構多いと思いますので、そうしたユーザーの願いをドコモオンラインショップではしっかりと満たしてくれています。

 

4:専用キャンペーンが多い、またdカードで一括払いをするとポイント3倍キャンペーンが2ヶ月に1回ぐらいのペースで実施中

オンラインショップの次のメリットは「お得」という話題に少し関係あります。

docomoでは去年あたりからオンラインショップのキャンペーンを常時展開しているようになり、販売拠点としてこのオンラインショップを重視するようになってきました。

オンラインショップではdocomoの公式キャンペーンの他にも、独自のキャンペーンが実施されておりそちらを利用すると特に機種変更においては普通のショップを利用するよりもお得になりがちです。

キャンペーン内容は時期によって大きく変わりますが、基本的にはdポイントにdocomo自体が力を入れていることもあり、そちらが増加するタイプのキャンペーンが実施されており、そのdポイント分店頭ショップでの契約よりもお得になることが多いです。

またdカード決済による獲得ポイント3倍キャンペーンというのが常時ではないものの、季節の節目に実施されることが多いため、dカードを余裕があれば契約前に作成しておくことをお勧めします。この購入時ポイント倍増特典の他にも、普段の支払いの中でdポイントを増やせる機会が多いので、持っていて損はないクレジットカードです。

dポイントはスマホ本体代や携帯料金の支払いにも使えますし、電子書籍購入や日用品の購入にも使えるために、貯める価値は結構あるポイントです。

 

5:下取りプログラムも実は相当お得

下取りプログラムもドコモオンラインショップでは「お得」になります。

下取りは2種類の受付がされています。店頭で直接と郵送による下取りです。

この2つ、それぞれ下取りが現金値引きとdポイント還元という特典内容の違いと、金額の違いという点で異なる部分があります。

金額では店頭で直接下取りされたほうが約1500円ほど郵送よりも高い金額が付けられます。このため下取りは店頭のほうが良いものと考えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
先ほどの機種変更事務手数料を思い出してほしいのですが、店頭の場合はそちらが最低でも2160円かかるため、下取りが郵送より高く取り扱ってもらえるというメリットはあってないようなものになります。

むしろ2160円の手数料のことを考えれば、やはり結局郵送下取りを利用したドコモオンラインショップのほうが「お得」と考えることが出来るのがこの下取りプログラムです。

 

一連の契約の流れ

ドコモオンラインショップで機種変更しようとする時の契約の手順についても簡単に触れておきます。

ドコモオンラインショップで機種変更する場合には大まかに2つの準備が必要です。

本人確認に必要なdアカウント

クレジットカード

この2つです。この2つを用意すればオンラインショップでの機種変更は本当に5分とかからず手続きが済んでしまいます。

手続きの流れとしては

dアカウントでログイン

購入したい機種のページからカラーを選んで注文手続きへ

受け取り先の確認、下取り申し込みの有無の確認

料金プランの継続、オプション加入の確認

SIMカードの新規発行の確認(サイズが変わる場合は基本的に必須ですので新たに発行しておきましょう。料金はかかりません。)

支払い方法の確認。一括払いの場合はクレジットカード情報入力、もしくは手数料324円の代引き選択

以上の流れを経て実際の注文が完了します。

dアカウントは機種変更の際には既に住所などの詳細をdocomo側にスマホやケータイ契約時に登録しているため、そういった情報の入力が省略されます。そのため自分で入力が必要な場面はほとんどなく、本当にスムーズに契約を進められるようになっています。

すでにクレジットカードで毎月の支払いをしている場合には、分割を選択した時にクレジットカード入力も必要ないまま契約できますし、代引きでもクレジットカードの入力も必要なくただただ流れに沿って選択項目をチェックするだけで契約が進んでいきます。

この中で注意すべきところはほとんどなく、受け取りの時間帯指定はもちろんコンビニやドコモショップ受け取りも先ほど説明した通り可能で、好きな時間帯での受け取りが可能になっています。一応最初のほうで下取りの有無を聞かれるので、そこだけ忘れないようにしてください。

下取り

 

まとめ:機種変更ならドコモオンラインショップ

ここまでの内容をまとめると

ドコモオンラインショップのメリット

  • 頭金(ショップ平均5400円)が0円
  • 事務手数料(ショップでは2160円必須)が0円
  • 強制で加入をさせられるオプションはなし
  • 待ち時間もゼロ!契約所要時間は約5分
  • 最速発売日当日受け取り可能 iPhoneも対象
  • コンビニ受け取り可能で会社帰りでも受け取り可能
  • オンライン限定キャンペーンでお得度アップ
  • 下取りも実はお得

以上のように機種変更ではドコモショップに比べても明らかにお得になり安くなるメリットが多く含まれているのがドコモオンラインショップです。

これだけ多くのメリットがあるにも関わらず、機種変更をドコモオンラインショップ以外で行うのは言葉が悪いですが愚の骨頂です。だれでも簡単に契約しやすいオンラインショップでこれだけのメリットがあるのですから、機種変更の時に利用しないのは本当に理解できないぐらいに勿体ない行為です。

今回序盤でオススメしたスマートフォンは安い上に将来的にも長く利用し続けられる良いスマホですから、それをそのまま安く契約することができるドコモオンラインショップでの契約を意識することで無駄なお金を払わされることもなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です