GMOとくとくBB WiMAXで高額キャッシュバック/低維持費契約が可能 20日間解約金無料/その他デメリットについて


過去の記事でSoftbank Air 2とWiMAX2+を比較した中で、GMOとくとくBBのWiMAX契約をURoad-Home2+を契約する上でキャッシュバック金額などでお得になるとしましたが、より詳しくGMOとくとくBBについて調べていくと、WiMAX2+の契約においてお得なのはもちろん便利な契約も出来るプロバイダーであることが分かったので、その点についてまとめてみたいと思います。

SoftBank Air 2とURoad Home2+(WiMAX2)、どちらを固定代替として選べばいいのか比較 速度やエリア、規制について | スマライフ

高額なキャッシュバックが欲しい人はもちろん、WiMAX2+の電波情況や速度に不安な人にも有効なキャンペーンになっています。

GMOとくとくBBのWiMAX2+は20日以内にならば解約金を負担してくれる

前回のSoftbank Air 2やWiMAX2+を固定代替的に自宅で使う場合には、やはり電波環境というのが契約後に正常に通信できるかという点が気になると思います。

一応2つとも電波の届くエリアを判定することがHP上からでも出来るわけですが、判定では良くても建物の位置関係でしっかりと電波が入らずに利用に影響が出てしまう可能性も否定できません。光回線などの固定回線ならばこうした問題はよほどのことが無い限りは起きませんが、モバイル回線網を使った方法だと影響は強くなります。

契約してから実は自宅では回線状況が悪かった、なんてことになった際にGMOとくとくBBではそれを助けてくれる20日以内のキャンセル時解約金無料キャンペーンというのをしています。これはWiMAX2+を契約しようとしている人にとっては非常に助かるキャンペーンです。実質的なお試しが可能というわけですから。

このキャンペーンを利用すれば、自宅内でのWiMAX2+の電波状況というのを実機で確認した上で、利用の継続かキャンセルをするかという判断をすることが出来ます。

解約金が無料になる条件としては、まずUQ WiMAXの公式ページからWiMAX 2+のピンポイントエリア判定を実施し、そこで「○」のエリアであることが条件です。「○~△」「△」「×」の3つの場合はキャンペーン自体を適用できません。

そして申込日を1日目として20日以内にWiMAX2+対応端末の返却を、事前に返品する旨を連絡した上で行う必要があります。申込日が1日目で端末が配送されるのが最短4日目なので、実質的なお試し期間は10日ほどと考えたほうが良いでしょう。この期間内に電波の良い設置場所、制限速度になった場合の使い勝手を確認したほうが良いでしょう。

GMO側が負担するのは解約金(1年目の24800円分)のみになり、契約事務手数料や1ヶ月分の月額料金は自己負担となります。

決して気軽にお試し出来るタイプのキャンペーンではないものの、本気でWiMAX2+を固定代替として使おうと考えている人にとっては、契約が無駄にならないセーフティーネットとして頼りになるのではないでしょうか。

Softbank Air 2もWiMAX2+もどちらも電波状況は実際に自宅に置いてからでないと正確なものを確認できないので、この制度は他のプロバイダーよりもサービス面で便利なものなのは確かです。

エリア判定が「○」であるということが必要なので、基本的には住宅密集地や近くにマンションなどの高層建築物がある人なんかが利用することを想定しているでしょうか。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額

こうした解約金負担による無料キャンセルが可能になっているため、GMOとくとくBBはWiMAX2+の契約をスタートするプロバイダーとして使いやすい存在です。

そしてもしもこの解約金のキャンペーンを利用しなくて済んだ後には、GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンが適用されることになりますので、長期的に利用を継続した時に他社以上のお得さを得ることができます。

4月22日現在のキャンペーンを確認してみましょう。

W02 WX02 W01 URoad-Home2+
月額料金 3609円
キャッシュバック金額 30000円

またはクレードル無料+27350円

30000円

またはクレードル無料+27350円

31000円 26150円

自分はURoad-Home2+しか使ったことはありませんが、モバイルWi-Fiルータータイプの最新モデルも0円にキャッシュバックがされています。もしもモバイルWi-Fiルータータイプを自宅の固定代替にも使った上で持ち歩けるようにしたい場合には、充電も通信も楽なクレードルセットを申込みしましょう。キャッシュバックは減りますがクレードルも無料になります。

このキャッシュバック以外にも以下の特典があります。

  • 初月の月額料金が無料
  • 2年間586円引き⇒これによって他のプロバイダーよりもキャッシュバックが高いだけでなく、毎月安く使える
  • 機種は全て一括0円扱い

月額料金がキャッシュバック系のキャンペーンの中でも安いというのもGMOとくとくBBのお得なポイントです。

wimax2

 

キャッシュバックの受け取り

キャッシュバックの受け取り方法ですが、キャッシュバックは11か月目にメールで案内され、そのメール送信から翌月の末日までに申し込みの手続きを取らないと無効になってしまいます。

キャッシュバック案内がくるメールは、いつも自分が使っているメールではなくて登録時に作ったとくとくBBのメールアドレス宛てになります。このメールアドレスがプロバイダーに属するものをキャッシュバック案内に使うというのはWiMAX2+の特典としてniftyやSo-netでも見られる特徴なので、なるべく早い段階で既存のメールアドレスへの転送やいつも使うスケジュール管理のアプリなりメモなりに11ヶ月後のキャッシュバック予定を記入しておきましょう。

メールが来たらその案内URLへと飛び、キャッシュバックの振込につかう口座情報を入力しましょう。

 

制限速度について

WiMAX2+を勧める上で必ず確認しておきたいのが通信速度について、それも制限がかかった時の通信速度についてです。これは前回のSoftbank Air 2との比較でも触れましたが、もう一度確認しておこうと思います。

まず規制が入ってない状態のWiMAX2+の速度は、本当にストレスなく速いので自宅の固定代替として十二分に活躍してくれます。高画質の動画再生も可能で、光回線の使い勝手となんら変わりありません。

問題はWiMAX2+には規制があるということ。3日間の合計通信量が3GBを超えた場合約1日の間通信速度が制限されたものに低下します。

この低下した通信速度はかつては0.7Mbpsという固定代替に使うには無理のある速度だったのですが、その無理のある速度がユーザー間で炎上して訴訟沙汰にまでなったために、UQではこれを現在一時的に6Mbps前後という速度に規制を大幅に緩めており、そしてこの緩めた速度を今度は恒常的な規制速度にしていくとして語っています(詳しくは前回の記事で→SoftBank Air 2とURoad Home2+(WiMAX2)、どちらを固定代替として選べばいいのか比較 速度やエリア、規制について | スマライフ)。

で、この6MbpsならモバイルWi-Fiルーターとしてスマホに使って快適になるのはもちろん、固定代替としてパソコンで使っても同じく不便さを感じない快適な通信速度になっています。これはURoad-Home2+を使ってパソコンの通信を任せている自分の体験からも言えますが、この速度が規制時でも出してくれるなら何も不満はありません。昔は0.7Mbpsの規制が始まったらノーリミットモードにして旧WiMAX回線を使っていましたが、今はそんなことする必要もなく常時WiMAX2の状態のまま通信をし続けていても、速度が遅いと感じることが少なくなりました。

この規制時にも速度が大幅な低下はしないという点はWiMAX2+の最大のメリットであり、夜間の速度規制が厳しいSoftbank Air 2よりも使い勝手が良いと感じる点でもあります。

 

GMOとくとくBBのデメリット

ここまではGMOとくとくBBのメリットを語ってきました。

20日以内の無料解約が可能、キャッシュバックが高額、そしてWiMAX2+の規制速度がかなり緩まったという良い点を見ると、このGMOとくとくBBでWiMAX2ルーターを契約するのが良さそうに見えます。

ですがGMOとくとくBBは良い部分だけではなくデメリットとしての悪い部分もあるため、そちらを契約前にきちんと把握してからでないと痛い目に合ってしまうかもしれません。

GMOとくとくBBのデメリットは「解約の申し込みが大体書面手続き」が必要というところです。

GMOとくとくBB WiMAXの解約手続きは、ネットからの申し込みか書面郵送の2通りです。この内ネット手続きについては割引が効いている24ヶ月間は利用できない形になっており、実質的に郵送しか手段がないのが現状です。更新月での解約も最悪の場合最初の10日間はネットでの解約申し込みボタンが表示されない場合もあり、解約のタイミングが僅かな期間しか残されていないということになってしまいます。

郵送で解約する場合には一度その書面をダウンロードして印刷し、必須記入事項を書いてから郵送という形になります。最近はコンビニなどでファイルの印刷が可能なのでそこまで支障のでる方法ではありませんが、面倒この上ないのは確かです。しかも解約受付は向こうが書面を受け取った時が有効になるので、月末のタイミング次第では翌月の解約手続きに回ってしまうかもしれないという問題もあります。

解約の方法が書面が基本、ネット受付は更新月以降でないと基本出てこないというのがGMOとくとくBBのデメリットです。

 

選ぶ価値はそれでもあるのがWiMAX2+でありGMOとくとくBB

解約が面倒というデメリットがありながらも、それでもGMOとくとくBBはこれからWiMAX2+のルーター契約をするならオススメしたいです。

面倒ながらも20日間の解約金無料期間があるという点は評価できます。これは数あるプロバイダーの中から選ぶに値するサービスです。

そしてキャッシュバックも高いのは同じく金額で他社と比較したときに高額ですから選ぶポイントとしても高いです。

WiMAXは格安SIMと違ってプロバイダーで速度が違うということもないですから、こういった初期の無料解約サービスや高額キャッシュバックという点をより重視した選び方をしても良い契約です。

その中ではとくとくBBの内容はオススメ度高めですので、WiMAX2+のルーター契約を予定している人は考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です