MNPだけでなく長期回線にも3万ポイントばらまいてくれるauはやっぱり神だとおもった


史上最高の営業利益かなんかをたたき出したauは、今その利益をのりかえキャッシュバックとして還元しています。
あんだけ8月頃からばらまいて史上最高の利益とかどんだけ儲かっているのでしょうか。その儲けを長期ユーザーに還元してもらいたいものですわ。
なんておもいながらネットを見てたら、どうもauも引き止めポイント(コジ割)を出しており、その量がソフトバンクと同じく3万ポイントを出し始めているようでした。
ここしばらく、auのメイン回線にロクな毎月割がついていなかったので、ちゃんとした機種へ機種変更して、毎月割をつけてもらおうと電話してみました。
ソフトバンクでは3ヶ月の回線にも3万5千ポイントをくれましたが、auではどうなのでしょうか。自分名義の10年超え回線と、家族名義の10年超え回線、7ヶ月回線×2で試してみました。その結果を今回は紹介したいとおもいます。

 

10年回線で3万ポイント

とりあえず試してみた結果は、10年回線にはそれぞれ3万ポイント、7ヶ月回線には0ポイントでした。10年回線は片方がLTEフラット、片方はガラケー(フィーチャーフォン)向けのプランで、7ヶ月回線は3円回線です。
自分名義の10年回線は過去に引き止めポイントを2回貰っていて、過去の機種変更履歴を見られたら恥ずかしくなるような契約内容です。
それでもとりあえずのりかえ(MNP)用の予約番号を発行したら、とんとん拍子で話がいい方に進み、3万ポイント貰えました。所要時間3分ちょっとで全ての手続きが終わってしまいました。
家族名義の10年回線はいろいろ理由を聞かれていましたが、最終的には3万ポイントを、7ヶ月の3円回線については粘りようがないぐらいあっさり番号を発行されたそうです。ポイントの話を振ってみたところ、更新月にもう一度お電話をということでした。
3円回線にあげるポイントはないということなのかもしれませんね。逆に長期回線なら使用状況が極端なもので無い限り、ポイントは3万ポイント余裕でもらいそうな雰囲気でした。

auひきとめ

ポイントは機種変更に使いましょう。今機種変更で安そうなのは、LGL22がいいでしょうかね。毎月割高めですし。
あとは春モデルが安売りされるのはまだ先なので、欲しい端末がある方は春モデルに充てちゃうのもいいとおもいます。
現金化するにはHTL22が回復しないと無理でしょうが、その気配は中国の連休明けでしょうか。2/5までのようです。
ポイントは結構早く失効してしまいます。期間は15日間ですので注意しましょう。
今回のように3分ちょっとの白々しい会話一つするだけで、機種変更がかなり安くすることができるポイントが貰えますので、10年超えやそれに近い回線をお持ちの方は、試してみる価値はあるとおもいます。ぜひやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です