LG G2 L-01Fが冬モデルとして異例の安さ 回線もフラットで1110円から


L01Fが安くなっています。
公式でも普段の2万円キャッシュバックキャンペーンだけでなく、特別に1万円をプラスされてのりかえ(MNP)専用で安くされています。
ヨドバシカメラなどの、家電量販店でもそれに1万円プラスした4万円引きで販売されています。そして一部の携帯ショップでは更に1万円プラスした、5万円引きで売り出されています。
ドコモで5万円引きで売られているのは、夏モデルだけなのですが、このL01Fに限り、冬モデルでも5万円引きという待遇を受けています。

L01Fは本体の価格は本来7万8千円です。
ここに5万円引きだと2万8千円になります。そしてテルルなどの一部ですが、これに更に値引きをつけて、のりかえ(MNP)限定ですが、一括19800円というのもでてきています。
L01Fには月々サポートが3185円ついてくるため、月サポを使った安いデータ回線を作りたい場合にとても効果的だとおもいます。今のところ買取価格は3万6千円ぐらいなので、MNPの費用と合わせても、十分元は取れるでしょう。

 

わざわざお金を出して買ったので、月々サポートを使った運用費用の計算はフラット運用で計算しましょう。
電話ができるタイプと、ネットだけのタイプで計算してみました。
のりかえ(MNP)での契約なので、1年間だけ780円の基本料が無料です。

  • タイプXiにねん:0円(1年間のみ)
  • spモード:315円
  • Xiパケホーダイライト:4935円
  • 月々サポート:-3185円
  • 合計:2065円

次はネットだけで使う場合のプランです。いわゆるMVNOの格安SIMより快適な制限になるにもかかわらず、MVNOの格安SIMと同じような値段で持てます。

  • Xiデータプランライト:3980円
  • spモード:315円
  • 月々サポート:-3185円
  • 合計:1110円

ドコモの通話もできる回線を2千円で使えるのはオトクな部類に入るとおもいます。電話をせずネットだけで使うなら1千円で済むので、こちらも変なMVNOの格安SIMを使うよりもオトクだとおもいます。
L-01Fはもっと安くなる可能性もありますが、買取価格が高いのは今のうちという気配もあります。今のところ、中華系買取屋が興味を示していないので、国内の買取店頼みです。
これよりももっと良い条件としては、SC-04Eがたまにのりかえ(MNP)一括で1万円ちょっとというのがあります。そちらでも、安い回線を作れるのでオトクです。ただ、こちらは在庫が少なくなっていてそれほど簡単に手に入れられないのが残念なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です