【au】iPhone5cの毎月割が16GB1755円、32GB1970円に減額


auのiPhone5cの毎月割が変更されています。16GB、32GB共に毎月割が減っています。しかし、定価は変わっていません。定価が変わらず毎月割が減るということは、実質値上げですが、その分キャンペーンとして本体代を値びく方法をとるようです。
11/29から変更になっていて、16GBが1755円、32GBが1970円です。毎月割の変更が入ったのは新規とMNPですので、機種変更にはかわりはありません。
毎月割が下がるということは当然本体代も下がるとおもったのですが、そうではないようです。これまでどおり5万円の定価が付けられています。毎月割が減ることで実質値上げを回避するために、auはキャンペーンで本体代を下げる方法を考えついたようです。ですので、毎月割が下がっても結局値引き、値下げであるのが今回の変更であるようです。

 

2万1千円引きキャンペーン

 

今回、毎月割が下がったことで、毎月割を使った実質価格は上がってしまいました。ですので、このままだとauはただ値上げしただけになってしまいます。
auはそれを避けるために、これまで郵便為替で1万円キャッシュバックキャンペーンを、本体代からの値引きに限定して、さらに金額を2万円にまで増額しました。

【iPhone 5c ポイント割引について】

* ※2013年11月29日より、キャッシュバック(郵便為替)から機器代金の割引に変更となりました。
* ※iPhone 5cを新規(MNP含む)ご購入+「誰でも割」ご加入で、最大21,000円割引いたします。

このおかげで、本来5万円するiPhone5cが、3万円へと値下げされます。この値引きがない状態だと、変更になった毎月割ではiPhone5cは実質1万円でしたが、2万円の本体代値引きキャンペーンで、実質マイナス1万円へと値下げされました。
今だとMNPは確実に一括0円、新規でも3万円なら一括で購入できるとおもいますので、実際に一括でiPhone5cを買った時に、新しい毎月割でいくらの費用がかかるのかを計算してみます。

  • LTEプラン:980円
  • LTEネット:315円
  • LTEフラット:5460円
  • 毎月割:-1755円
  • 合計:5000円

毎月の料金は5千円ポッキリということになります。MNPの場合、auにかえる割で更に980円引かれるので、4千円ということになるでしょうか。突出して安いわけではないですが、まあ新規でこれで済むならいいところでしょうね。
これは16GBで計算したので、32GBだともう少し安くなります。ですが、その代わりに本体代は1万円上がってしまいます。

 

キャッシュバックは増えた?

 

今回の値引きキャンペーンでキャッシュバックは増えたのでしょうか。実際いろいろな契約条件をウォッチしてみると、確かにiPhone5c、MNP一括0円キャッシュバック3万円なんていう内容が出てきています。auだとこの内容はとても珍しい見たことない好条件です。月末の土曜日なので増えているとも言えなくもないので、どうやって判断したらいいのかわかりませんけど、一応は増えているようです。
iPhone5cは液晶に貼ってあるフィルムがiPhone5のような透明なものではないので、新品状態で手に入れるには勝手知ったる融通の効く店で買うのが唯一安心できる方法です。iPhone5よりも買取価格が低いので、まだ金額的にちょっと物足りない感じですので、もうしばらくは様子見をしたほうがいいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です