ソフトバンク回線の解約方法 iPhoneからみまもり・フォトビジョンまで

bannbann

今回はソフトバンクの携帯電話回線の解約方法について紹介したいとおもいます。
ソフトバンクを契約した方は、自分用の携帯回線の他にも、みまもりケータイやフォトビジョンといった、2年間は無料だと言われて契約させられた回線を持たされていることとおもいます。いざその2年目を迎えて、解約しようとした場合、どのような手順が必要なのか、不安におもわれる方もいるとおもいます。
そうした方にソフトバンクの解約の手順や必要な持ち物などを紹介します。

157では無理

 

ソフトバンクのホームページを見ると、解約の案内に157からの解約方法について載っています。ですが、157へ電話しても解約はできません。157へ電話しても、ソフトバンクショップでの解約に必要な書類や持ち物などを言われて、電話を切られてしまいます。
なので、電話をしても解約はできません。かならずショップへ行って解約する必要があります。

 

ショップの手続きと必要なもの

 

157へ電話しても、ショップへ行けと言われて終わりですので、ソフトバンクの解約はショップでしましょう。
157では携帯電話本体と、身分証明書と、印鑑が解約に必要だと言われます。ですが、実際にショップで解約のために必要なのは、身分証明書と解約する回線の電話番号です。
なので、基本は免許証を持っていけば問題ありません。
電話番号と免許証を提示して、解約のお願いをすれば、あとは勝手にあっちが手続きしてくれます。
携帯電話本体やSIMカードはほとんどの場合、提示を要求されませんので、持ち運ぶのがダルいという方でも大丈夫です。印鑑も、現在の契約・解約などの手続きは本人のサインで済ますので、必要ありません。特にソフトバンクの場合はiPadで解約を行うようになっているため、印鑑を使う場面がありません。

 

電話番号がわからない時は

 

解約の手順がわかっても、みまもりケータイやフォトビジョンは電話番号がわからない場合もあるとおもいます。そういう電話番号がわからない契約の解約は、どうすればいいでしょうか。
ひとつの解決方法として、MYSoftBankから、その他の契約している回線の電話番号を調べるのがいいとおもいます。
MYSoftBankにログイン出来ない方は、ショップでログインIDやPASSを発行してもらいましょう。その場で確認できます。
みまもりやフォトビジョンは、代表回線と請求が同じ場合がほとんどですので、この方法を使えば電話番号を忘れていても確認が出来るとおもいます。

 

 

ソフトバンクの解約方法はこのようになります。わざわざショップへ行く必要があるので、時間に余裕を持った行動をしましょう。特に締め日に近づくと、ショップで携帯電話の支払いをしにきてる方々が窓口を占拠するため、時間がかかります。締め日前での行動を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です