プラスiPhone割の代表回線の適用条件を聞いてみた

ios7

今、ドコモのiPhoneが、プラスiPhone割適用で2万円ほどキャッシュバックや値引きが追加される事態になっています。
ドコモでiPhoneを購入しようとした場合、このプラスiPhone割を適用させて購入することが、iPhone5sや5cを安く購入することが出来ます。
ですが、このプラスiPhone割の適用条件が結構クセモノです。
HPを見ると1年以上のiモード契約ということで、かなり適用条件が難しそうです。
表現があいまいなのと、なにかいい案がないかとドコモへ確認した所、プラスiPhone割の代表回線については、それほど難しくない条件で作れるということがわかりましか。

今回はドコモで聞いたプラスiPhone割の適用条件となる、代表回線の扱いについて紹介しようとおもいます。

 

プラスXi割の代表回線

 

プラスiPhone割は、HPに載せられていた適用条件だけみると、フィーチャーフォン(ガラケー)契約が必要のようにおもえます。

[代表回線]「FOMA総合プラン(タイプシンプル(バリュー/ベーシック)除く)」+「i モード」+「パケ・ホーダイ ダブル」および継続利用期間が1年以上

ですが、どうやらそこまで酷い条件ではないようです。正確な条件をドコモショップで聞いてみたところ、意外と実現しやすそうな条件でした。
今回判明したプラスiPhone割の代表回線の条件はこんな感じでした。

  • フィーチャーフォン(ガラケー)契約は1年間でなくて、その場でiモード契約をしても大丈夫
  • ですので、FOMA契約ならば、スマートフォンが最終契約履歴になっていればいい
  • FOMA契約を1年間した回線でなくてもいい。Xi契約をFOMAにしたり、データをFOMAにしてもいい。つまり、どんな形であれ、ドコモの契約を1年間継続契約している回線なら、FOMAに変更すればプラスiPhone割の代表回線になれる。

ということでした。
フィーチャーフォン(ガラケー)契約が必須でないということ、というかFOMA契約の1年回線ならば、普通にプラスiPhone割の代表回線になれるというのは、朗報じゃないでしょうか。
Xi契約の方や、データ契約の方は契約変更の手続きが必要です。FOMAへの契約変更をした場合、FOMAの契約プランでバリュー化されていません。ですので、FOMAの対象機種に、契約変更後に機種変更するか、SIMフリーの携帯電話を持ち込んで、バリュー化しないと安くならないので、注意してください。
1年以上の契約している回線を持っていれば、プラスiPhone割の適用は無理ではないということがわかりました。近い将来にきたる、iPhone5sの安売りに備えて、FOMA回線を作っておくことをおすすめします。ただし契約変更で3150円、バリュー化で2100円をとられるとおもいますので、その辺の費用に見合うかどうかは判断してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です