携帯乞食の考え方 MNP乞食編

cashing06

スマートフォンというのは特異な売り方をされる商品の一つです。
つい先日8万円ぐらいで売っていたかとおもえば、次の日には0円で売られたりしてしまいます。
また、契約の仕方によっても値段はピンからキリです。機種変更では定価でも、新規、特にMNPでの新規契約は0円に、時にはキャッシュバックまでついてしまう可笑しな現象が起こる業界です。
このようなおかしな状況の中で台頭してきたのが、携帯乞食です。他の人が高いお金を出してスマートフォンを買う中で、携帯乞食は安い価格で(時にはお金を貰いながら)スマートフォンを契約していく、ある意味賢い消費者です。

今回はこの携帯乞食の生態、そしてその利益を出す考え方、実践方法を紹介したいとおもいます。

 

MNP乞食の考え方

 

MNPで回す

 

MNPをするときによく言われるのが、MNP弾を作れと言われます。私のサイトでもそれを勧めていますが、これは過渡期のやり方です。
成熟してきた携帯乞食は、あまりMNP弾を使いません。
初期の頃こそMNP弾を使いますが、充分な数のMNPをして、回線数が増えたら、そのキャリア回線を新しい弾として使います。
一つの電話番号をドコモ、ソフトバンク、auの間で乗り回すのです。これをMNP乞食の間では回線を回すといいます。

 

MNP費用1万5千円は必要経費

 

MNPにはもちろん費用がかかります。それも1万円以上と高額です。初心者はこの高額なMNP費用に驚いて、尻込みしてしまいがちですが、携帯乞食と呼ばれる人たちは、この費用を必要経費として、頭の中で計算しています。でさので、MNP費用と維持費用を合わせてもMNPして利益がでるようならば、高額な費用を気にしない方が多いのです。
MNP契約に慣れれば、MNP費用については気にならなくなり、必要経費、初期投資額として計算することができるでしょう。

  • 解約金:9975円
  • MNP手数料:2100円
  • 契約手数料:3150円

 

維持費は1千円で計算

 

MNP費用以外にも出費として維持費用というものを計算しなければなりません。これは携帯の月額料金のことです。
携帯乞食は基本的に回線を最低運用で寝かします。最低運用は時には3円という激安な寝かせも出来ますが、そう毎回3円に出来るわけではありません。
ですので、携帯乞食は最低運用を各社の基本料980(780)円、ここではキリのいい数字である1千円で計算しています。
そして短期解約のブラックリスト入りを避けるために、6~7カ月間の維持で計算します。
そうすると維持費用は一回線につき7千円ほどになります。

 

利益は3万以上あれば黒字

 

MNP乞食をしようとすると、この2つの費用について考えておく必要があります。
この2つのMNPに必要な費用をかけて、MNP乞食で儲けを出す、あるいは損をしない為には、3万円以上の利益が一つの目安です。
2つの費用の合計は2万2千円ほど、ここに初月に付けられる可能性の高いオプションなどの料金を加えると、2万5千円ほど。最低でも5千円の純利益を得るなら3万円のバックが欲しいところです。

 

今の相場でシミュレーション

 

この考え方を使い、今の相場でシミュレーションしてみましょう。
およそ2万5千円のMNP費用を使い、auへいってみます。今だとiPhone5がのりかえ(MNP)一括0円でキャッシュバックが3万5千円ぐらいがあります。

さっき申した通り、3万円以上のバックなら黒字ですが、これだと3万5千円ありますので、約1万円の黒字です。そして更に更に、iPhone5がタダ(一括0円)で貰えてしまいました。この貰えた機種も利益の一つとして計算出来ます。
もちろん本体は使ってもいいのですが、MNPを何度も繰り返すと無駄にスマートフォンが増えてしまいます。ですので、無駄なスマートフォンは売ります。このiPhone5は未使用なら4万2千円で売れます。そうすると黒字が5万円にまで増えます。たった一回のMNPで5万円の黒字利益を出せてしまうのが、今のMNP乞食の実情なのです。

 

MNP弾を用意することから始める

このように携帯乞食、MNP乞食は数回のMNPで儲けを生み出してしまうのです。
しかもかかる費用や料金をあらかじめ計算出来ますので、パチンコや競馬やFXといったギャンブル性の高い行為とは違います。事前に計算をすれば、どうすれば儲かるか、ということがわかるのです。
ですので、確実に儲けたい方、リスクを取らずに稼ぎたい方は携帯乞食、MNP乞食が適しているとおもいます。
まずこれから始める人はスマホ電話SIMというMNP弾を契約しましょう。これはブラックリストがないので撃ちやすい弾です。最初は3つほどでいいでしょう。
スマホ電話SIMをMNP弾として利用した際にいくらかかるかの総費用 | スマライフ
そしたらそれを、ソフトバンクのiPhone5に1つ、auのiPhone5に2つのりかえ(MNP)しましょう。どちらものりかえ(MNP)一括0円のキャッシュバック3万円(以上)が理想です。
これだけで黒字利益が15万円近く出ることになります。この契約した3回線は、6ヶ月後を目安にドコモ、ソフトバンク、auのキャッシュバックが多くて、高値で売れる端末へのりかえ(MNP)してしまいましょう。これが一番最初に説明した「MNPで回す」というところにあたります。

 

この一連の流れが携帯乞食の、MNP乞食の考え方です。初心者の方は、このようなやり方でまずは「MNPで回す」という部分まで進んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です