ソフトバンクはこれから「購入サポート」でiPhoneに3ヶ月縛りをしていく様子

m_ios7

今週末からソフトバンクのiPhone5cがのりかえ(MNP)だと結構オトクになっています。のりかえ(MNP)だと一括0円で、キャッシュバックが1万5千円ぐらいついてます。
iPhone5cの買取が大体4万円なので、同じぐらいのキャッシュバックしかつかなくなったiPhone5とそんなに変わってこなくなりました。
iPhone5はのりかえサポートという、変な割引がつくことで、3ヶ月以内の解約や機種変更に罰金的な違約金が発生します。解約を3ヶ月以内にするようなどうしようもない方にはしかるべき対応だとおもいますが、機種変更にも罰金を発生させるのは行き過ぎてます。
なので、今週末からiPhone5cののりかえ(MNP)での販売条件が良くなったため、のりかえサポートのあるiPhone5よりもiPhone5cのほうが、機種変更でiPhone5を拾えていい、ということを書こうとしました。
ですが、なんとiPhone5cにも、iPhone5ののりかえサポート同様に、機種変更で3ヶ月縛りをつける割引がつけられてしまいました。

 

iPhone5c購入サポート

 

この割引は「iPhone5c購入サポート」というようです。サポート内容に、一括で買うと1万円の値引きをすると書かれています。そして、この購入サポートの注意書きには、こんな内容が書かれています。

iPhone 5c 購入サポートで新スーパーボーナス一括払いを選択の場合、契約後翌々請求月末までの機種変更や解約等には契約解除料(10,500円)がホワイトプラン(i)の契約解除料に追加でかかります。

この購入サポートを使ってiPhone5cを買うと、のりかえサポートと一緒で、解約や機種変更を3ヶ月以内にすると、違約金がかかってしまうようです。のりかえサポートの2万円より安い1万円となっていますが、機種変更に罰金を課すことには変わりありません。
ですので、iPhone5ののりかえサポートを避けようとして、iPhone5cののりかえ(MNP)の好条件な契約を探しても、3ヶ月の縛りは発生するというようです。これならiPhone5ののりかえ好条件を探したほうがいいでしょう。
あと、この購入サポートがキャッシュバックの原資になったので、維持費用で毎月1千円引きはなくなります。iPhone5cの維持費用は2500円ぐらいだから安いとおもって買っても、購入サポートはもう使ってあるので、3500円ぐらいからです。

多分、今後のソフトバンクのiPhoneの安売り購入条件には、こうした購入サポート形式で3ヶ月の縛りをつけてくるとおもいます。iPhone5cはまだたかが1万5千円ちょっとのキャッシュバックしかついていないのに、今回みたいな縛りを新たにつけていますので、iPhone5sでも同じようなやり方をしてくるでしょう。
ソフトバンクの枠があるなら、どうせiPhone5cはもっとキャッシュバックをつけないと売れないので、12月以降まで待ちでいいとおもいます。どうしてもドコモとかの枠を空けたい場合は、ディズニーモバイルにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です