【au】個人名義で音声回線を10回線持つ方法 KDDI沖縄セルラーはauとは別枠

l_ms_ausika

この前にSoftBank種別の音声回線を10回線持つ方法を紹介しましたが、今回ではau種別の音声回線を10回線持つ方法について紹介しようとおもいます。
実はauにもSoftBank同様に同じ回線を利用しながら、別枠扱いで契約出来る回線種別が存在しています。
それは「沖縄セルラー」回線になります。

auにもSoftBankの別枠となるディズニーモバイル同様に、同じau種別でありながら別枠になる契約があり、それが沖縄セルラー回線です。この回線は沖縄地区限定で契約出来る特殊な回線です。ディズニーモバイルは全国各地から契約出来ますが、こちらは沖縄でしか契約出来ません。
沖縄まで行くのは大変かもしれませんが、au種別の回線を増やしたい人は、この沖縄KDDIセルラー回線を契約するのが正攻法の一つになるでしょう。

 

auと沖縄セルラーの審査

 

沖縄KDDIセルラーを契約しようと考えてる方へ注意してもらいたいことは、沖縄ではauがものすごくシェアが高いので、条件のいい契約ができないということです。
沖縄以外では安売りが続けられているiPhone5も、沖縄ではちっとも安くありません。機種変更の定価も、沖縄ではauで起きた変更が反映されずに、独自の価格をつけています。
そして、これが最も重要なのですが、沖縄セルラーはauでの過去の契約情報を見て審査をおこない、解約回数や契約回数が多かったりすると審査を蹴られてしまいます。沖縄セルラーの審査は、聞くところによるとかなり厳し目のようで、現在auを契約できない方は確実に契約できないでしょう。
まだのりかえ(MNP)をしまくるMNP乞食をし始めた方ならば契約できるでしょうが、古くからauの回線を雑に扱ってきた方々は、沖縄セルラーとは無縁かもしれません。

 

auへのMNPも可能

 

沖縄セルラーの回線は、一応au種別の回線です。MNPの予約番号も12からはじまる数字のため、auと同じ種類であることがわかります。
ですが、この回線はさっきも言ったように、au本体とは別枠で5回線au回線とは別に持てるだけでなく、auと沖縄セルラーの間でのりかえ(MNP)が可能なのです。
ドコモと日本通信、ソフトバンクとディズニー・モバイルと同様に、auと沖縄セルラー間でものりかえ(MNP)ができるのです。
ドコモとソフトバンクの同種回線間ののりかえには、よくインセが発生せずキャッシュバックが出なかったり、のりかえ自体を断られることもありますが、auと沖縄セルラー間はそれほど有名でないため、普通にのりかえができてしまったり、キャッシュバックももらえてしまうことがあります。

 

 

auに撃てるau弾という特殊な回線が沖縄セルラーなのです。
未だに、iPhone5がのりかえ(MNP)で一括1万円という沖縄セルラーですが、もし今後、契約に値する条件のいい機種がでてきたら、このように使い用のある回線なので、契約しておくことをおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です