プリモバと持ち込み新規が改悪!違約金増加とホワイトプランしか選べなくなる

bannbann

ソフトバンクがのりかえ(MNP)を実質的に妨害するための改悪をしはじめました。
多くの契約プランについて、のりかえ(MNP)の手数料を2倍以上にしたほか、違約金も2万円以上にしてきたのです。
もちろん全てのプランが対象ではありませんし、違約金が2万円以上になるのは3ヶ月以内に解約した時、と普通に回線を回していけば問題のないことですが、プリモバイルはちょっと影響ありそうです。
今回の改悪のポイントは

  • 手数料2倍、違約金も2万円以上
  • 持ち込み新規がホワイトプランだけ=2年縛り必須

というところだとおもいます。
これらの改悪を今回は紹介したいとおもいます。

 

プリモバ、プリスマ、持ち込み新規弾改悪

 

まず、今回改悪となったのは転出事務手数料と違約金の料金です。どちらも単純計算で2倍以上。手数料が5250、違約金が20790か25725円にアップしています。
もちろん、これは特定のプランだけです。これ以外のプランはこれまで通りの違約金と手数料です。

 

手数料が5250円になったプラン(3ヶ月だけ)

  • みまもりケータイ
  • プリペイド
  • スマート一括
  • USIM単体

違約金が20790円になったプラン(3ヶ月だけ)

  • プリペイド
  • USIM単体

違約金が25725円になったプラン(3ヶ月だけ)

  • スマート一括

 

持ち込み新規はホワイトプランだけ

 

もう一つの大きな改悪がこれです。
持ち込み新規はこれまでオレンジプランやブループランとかの違約金なしで契約できるプランに、契約することができたのですが、持ち込み新規からの即解約を防ぐためか、これがホワイトプランという2年契約が必須になっているプランにしか契約できなくなりました。
持ち込み新規の最大の魅力である2年契約不要というところが、完全に潰されてしまいました。
これはHP上では確認できませんが、ツイッターのソフトバンク店員氏が暴露しています。

 

いくらドコモがiPhoneを扱いはじめたといっても、これはソフトバンク、取り乱しすぎでしょう。
プリペイドに違約金なんて海外じゃ聞いたことないですが、これをスプリントでもやってみて欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です