iPhone5sと5c、ドコモ、au、ソフトバンクでキャッシュバックがもうスタート 5cはMNP一括1万円台へ

ios7

iPhone5sと5cがこの920に発売されました。
今回はドコモauソフトバンクでそれぞれ発売されることになりました。これにより、同じ商品を扱うことになったので、今後ははっきりとどこの会社が人気なのかわかることになるでしょう。今まではiPhoneを持たないドコモが
一人負けでしたが、iPhoneを全ての会社が扱ったために、真の一人負けがわかることでしょう。
この一人負けになりたくないのはどの会社も同じ気持ちでしょう。
そのせいか、なんとまあ発売日からiPhone5sと5cは投げ売りが始まっています。人気商品で何もしなくても売れるはずのiPhoneに、キャッシュバックをもうつけて販売しているのです。

今回はそのiPhone5sと5cについてくるキャッシュバックの規模を紹介しようとおもいます。

 

ヨドバシカメラやヤマダ電機にiPhoneの値段を見に行った方は既にお気づきのことかとおもいます。
のりかえ(MNP)による契約にiPhone5sなら2万円、iPhone5cなら3万円のキャッシュバックがこんな早い時期に付いてきています。

 

 

こちらはツイッターで確認できるほんの一部です。ヨドバシカメラやビックカメラではiPhone5sは2万円引きが限界のようですが、街の携帯ショップでは5sでも3万円引きが既に期待できる状態のようです。
5cはauとソフトバンクの場合は5万2千円です。これに3万円キャッシュバックあるいは値引きがおこなわれると、一括2万円ちょっとという、新商品としては異常なほどの低価格と言っていいとおもいます。5sでも6万8千円なので、一括にすると3万8千円ほどと、こちらも安さを感じさせる値段だとおもいます。

さらにさらに、iPhone5cにはこの3万円引きの他に、auとソフトバンクが公式キャッシュバックをおこなっています。そのため、3万円引きを受けた後に、後日さらに1万円分のキャッシュバックがauとソフトバンクから来るため、実質的に4万円分のキャッシュバックあるいは値引きということになります。ですので、iPhone5cは発売したてなのにも関わらず、一括1万2千円と同額と呼べる状態になっています。
iPhone5sはまだまだですが、5cについてはもう販売早々超お得な値段になっているとおもいます。
ぜひMNP弾を使用して安くiPhone5cを手に入れてみてください。
スマホ電話SIMをMNP弾として利用した際にいくらかかるかの総費用 | スマライフ
SoftBankのプリペイド携帯をMNP弾として使う方法と費用 | スマライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です