SoftBankのiPhone5のフラット運用コストと最低維持費用の考察


 

今回はSoftBankのiPhone5の運用コストについてそれぞれ計算してみようと思います。計算する運用方法については、普通にパケットし放題フラットを利用した場合と寝かして回線を維持した場合の最低維持費用についてです。

現在SoftBankではMNPを利用したiPhone5の購入に対して、一括0円での販売をしているだけでは無く、キャッシュバックもついてくるお得な状態が続いています。

MNP弾を使えば簡単にMNPできることはこれまでも何度か紹介していましたが、MNP弾には作成のコストがかかるのが難点でした。ですが、このSoftBankのiPhone5の売り方は、MNP弾のコストをキャッシュバックで完全に賄えるというもので、本当の意味で一括0円=タダでiPhoneがもらえてしまう状況なのです。

関連記事
auのiPhone5をMNP一括0円&3円維持で契約した方法や費用 「MNP弾」スマホ電話SIM使用編

こうしたお得な状況を利用してiPhone5の購入を考えている人も沢山いると思います。そこで今回はiPhone5契約後のコストをそれぞれの目的別で計算しようという特集になっています。

 

フラット運用

 

まずはiPhone5をフラットで利用した場合の運用コストを計算してみましょう。計算方法の前提としてMNPでの購入を前提としています。先ほども書いたようにキャッシュバックでMNP弾を作るコストがゼロになるため、これ以外の買い方をするのは懸命ではありません。なので購入の仕方は多少面倒でもMNPにしましょう。

MNP特典としてSoftBankは2年間基本料無料のキャンペーンを行っています。これは980円のホワイトプランが24ヶ月0円になるというものです。MNP特典は他にもありますが、これが総合的にみて一番お得です。

MNP特典にホワイトプランの2年間無料特典を選び、2年間の運用をフラット回線を利用した場合の回線運用コストは以下のような計算式になります。

ホワイトプラン 980円
バンバンのりかえ割 -980円
S!ベーシックパック 315円
パケットし放題フラット for 4G LTE 5460円
月月割 -2140円
合計 3635円

このように、SoftBankでは毎月の3635円でフラット回線を運用することができます。この計算式はあくまでも最低限の利用プランで構成されているため、その他のオプションに入ると運用コストは上がります。もちろんその他の割引キャンペーンが適用されれば、この運用コストはさらに下がります。代表的なオプションと割引キャンペーンは下の2つかと思いますので、適用可能ならば計算式に加えてみてください。

・テザリングオプション 525円(最初に申しこめば2年間無料)
・スマホBB割 -1480円

 

最低維持費用の考察

 

iPhone5の最低維持コストはiPhone5単体の場合と他の機種を経由して手続きをした場合でそれぞれ違います。ここではそれぞれの方法でiPhone5回線を寝かせるためのプランについて計算したいと思います。

 

iPhone5オンリーで最低維持

 

まずはiPhone5だけで可能な最低維持コストを計算してみましょう。やり方はパケットし放題フラットをパケットし放題の2段階制のものに変えるだけです。

下の計算式がその維持コストの詳細になります。

ホワイトプラン 980円
S!ベーシックパック 315円
パケットし放題for 4G LTE 2100円
月月割 -1710円
合計 1685円

こうした持ち方がiPhone5のみを利用した最低運用コストを実現するものです。1685円で毎月の維持が可能になります。

 

別の機種へ持ち込み機種変更

 

iPhone5の契約回線を別の機種への持ち込み機種変更というSoftBankショップでの手続きを行うことで、iPhone5以外の契約に切り替えることができます。ですのでそれを利用すればiPhone5の回線を別の契約回線として安く維持できます。

その筆頭が「みまもり化」と呼ばれるものでしょう。詳しいことは別の記事で触れていますがここでは計算式だけ紹介しておきましょう。

みまもりケータイ専用プランへの月月割適用が6月で終了 みまもり化の最低維持費は490円からに

みまもりケータイ専用プラン 490円
合計 490円

このようにみまもりケータイ専用プランで490円で持てるようになりました。SoftBankの場合はこれが最低維持コストになるかと思われます。手間としてSoftBankショップへ行く必要があること、手数料として3150円最初にかかることが注意点です。

この490円という維持コストは005Zを利用した時の費用です。101Zを利用した場合は590円が維持コストになります。

 

 

これらの計算式がSoftBankのiPhone5をMNPで購入した時のフラット運用費用、最低維持費用となります。現在SoftBankのiPhone5を投げ売りを超えた扱いを受けているため、ぜひこれらの方法で運用費を抑え、格安でiPhone5を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です