Nexus4が日本発売!も値段は5万円 Amazonの海外版より1万円高い公式価格に

Nexus4

LGは日本向けにNexus4の発売を開始すると27日発表しました。
Nexus4は昨年北米や欧州で発売され、GooglePlay上に登場するやいなや、瞬時に売り切れとなり品切れ状態が続いた人気のスマートフォンです。
ようやくこのたび日本でも発売となりました。発売日は8月30日です。

気になる価格ですが、LG社では販売価格をオープン価格としています。販売価格がどうなるのか実際に商品がお店に並ぶまではわかりませんが、EngaggetさんはNexus4の日本における販売価格を49800円と報道しています。
海外では350ドルほどでしたので、49800円となると1ドル140円換算となります。この価格では正直高いと言わざるを得ません。日本向けは16GBしか用意されていませんが、本来は8GBのものもあり、それと比べるとさらに高い値段に思えて来てしまいます。

Nexus4が気になっている・買おうとしている人は、公式の販売よりも、Amazonや楽天にある並行輸入品の白ロムを買ったほうが安上がりになります。
現在の価格は8GBで38000円、16GBで44000円ぐらいです。

8GB
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00A6IHMAM/
16GB
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00A6IOOK8/

日本販売版との違いは特にありません。SIMフリー機のため、docomo、SoftBank、格安MVNO SIMを使うことが出来ます。

Nexus4は3G通信にのみ対応、AndroidのOSバージョンは最新の4.3に対応しており、今後も最新バージョンへの対応が見込まれています。他のメーカーと違い、Googleがしっかり開発に関わっているため、アップデートなどの対応が数年は続くものとおもわれます。なので、長く使える機種をお探しの場合にはこちらの機種を購入するのがいいでしょう。
CPUはクアッドコアSnapdragon S4 pro、1280×768 4.7インチIPSディスプレイ、RAM2GBになっています。SDカードなどの外部記録メディアには対応していません。3G通信のみという点以外では十分に長年活躍出来るスペックがあるかとおもいます。

 

今後はMVNO SIMとの2年契約セットで出てくる可能性もありますが、普通に買うには並行輸入品のほうが安くなりそうです。OCNなどの質の高いMVNOの格安SIMと合わせればいい機種になるかとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です