auの「支払い実績2ヶ月」クレカ払いの計算の仕方と口座引き落とし時の先払いの裏技


auは8月から複数の契約を行う場合に、今まで持っている既存の回線の支払い実績が「2ヶ月」無いと追加の回線が契約できないという制限が作られました。

このことで多くの人が抱く疑問として、「支払い実績2ヶ月の「2ヶ月」ってどんな期間?」ということがあると思います。

この度auのサポートセンターへ問い合わせた結果その目安となる期間について教えてもらったので紹介したいと思います。

 

クレジットカードの場合

 

クレジットカードで支払いをしている場合は、基本的に月またぎを2回行えば支払い実績の「2ヶ月」の枠組みの中に入るとのことです。

例えば6月に契約してクレジットカードで支払いをしている回線は8月に支払い実績2ヶ月の条件が満たされるということです。

この時に支払の情報というものがau側で5日に載るとのことで、この場合は8月5日以降に支払い実績が2ヶ月になるとのことです。

 

口座支払いの場合

 

口座支払いの場合は、基本的に3回の月またぎが必要で実質3ヶ月経過してようやく支払い実績の「2ヶ月」が作れるとのことです。

6月契約の場合は9月まで経過するのを待つ必要があるといいます。

 

口座支払い・請求書を紙でもらっている場合は先払いで実績が作れる

 

この口座払いではクレジット払いと比べて支払い実績が1ヶ月遅れてしまうという難点があります。ですがある方法を使うとこれが解消できて、クレジット払いと一緒の月またぎ2回で支払い実績を作ることが出来るといいます。

その方法は紙の請求書を貰う設定にしている人限定で、「auショップで先払い」することだといいます。この先払いをすることで口座払いでも月またぎ2回の状態で支払い実績2ヶ月の条件を満たせるらしいです。

私は口座払いも紙の請求書を持っていないので詳しいやり方は不明ですが、サポートセンターの方によればこうした先払いが紙の請求書に限り可能と言っていました。

 

このように支払い実績2ヶ月はクレジットカードでも口座支払いでもやり方によってはどちらも月またぎ2回でその条件を満たすことができるようです。もし口座払い、紙の請求書でauの支払いをしている人は、このような先払い方法をためしてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です