既存のauユーザーが携帯電話の料金を安くする方法


 

auユーザーで高額な通信料に困っている方に、今回は通信費削減の裏技を紹介しようと思います。

この裏技を使えば通信費用がフラット契約で毎月4600円まで下げることが出来ます(スマートバリューで3600円まで!)。ぜひこの方法を使って通信費の節約を行ってみてください。

注意点&前提条件

この方法でお得になるという人はLTE通信対応のスマートフォンを持っている方のみが対象になっています。そのためLTEスマートフォンをもっていない人は、新たに白ロムなどを購入してからこの方法を利用してください。フィーチャーフォンいわゆるガラケーや3Gスマートフォンでは対象外になります。

これから説明する方法の簡単な概要としては、iPhoneを買ってiPhoneの割引を回線に適用、iPhoneはそのまま売却というものです。

実はauのiPhone5はその他のAndroidスマートフォンよりも、値段が安いにも関わらず毎月適用される割引額が最も高い機種になります。さらにiPhone5は海外でも多くの需要が見込めるため、買取価格が高額を維持しています。そのためこれらの要因をうまく活用することで、auユーザーの通信費節約が可能になるのです。
ここからはその具体的な方法を紹介して行こうと思います。

 

iPhone5を機種変更で「一括」購入

 

まずはiPhone5を家電量販店で一括機種変更をしましょう。なぜ家電量販店なのかというと、auショップで機種変更をすると、別途頭金やSDカード購入などのセット販売をされることがあるため、そうしたものが少ない家電量販店で購入したほうが余計な出費が少なくて済みます。
そして購入の際は必ず「一括」で購入してください。分割で購入すると、売却時に減額や断られる場合があります。また購入する機種はなるべく白のiPhone5 16GBにしましょう。
こうしてiPhone5を一括購入した場合につく割引「毎月割」の額は2140円になります。これが現在利用中の回線に24ヶ月間適用されることになるのです。

この毎月割の額とLTEプランを利用した場合の運用費用を計算してみましょう。

 

LTEプラン 980円
LTEネット 315円
LTEフラット 5460円
毎月割 ▲2140円
合計 4615円
スマートバリュー ▲980円
合計 3635円

 

既にLTE対応のスマートフォンを持っている場合は、今回手に入れたiPhone5を売りに出してしまいましょう。新品の場合、47000円前後で売ることが可能です。定価が51000円ほどなので、およそ4000円ほどの出費で2140円の毎月割回線を手に入れることができます。

 

iPhone5以外のスマートフォンを使う場合はアダプターをつける

 

さて機種変更をしたらiPhone5からSIMを外して、現在利用中のスマートフォンへSIMを戻しましょう。ただその際にiPhone5とLTEスマートフォンではSIMのサイズが違うため、SIMのサイズを合わせるためにSIMアダプターを履かせる必要があります。
このSIMアダプターは数百円で買えるものなので、特に痛い出費にはならないと思いますが、今回の方法を使う場合は必ず必要なものなので用意しておいてください。

JAPAEMO 【Amazon限定】SIM変換アダプター 4点セット (標準, マイクロ, nano) for iPhone5/4S/4/3GS/3用 ブラック A-JE-NANO-SET-BK

このような方法をとるだけで、高額であった毎月の通信料に大きな割引が与えられ、毎月の出費を大きく抑えることが出来ます。
ぜひ既存のau回線の携帯電話利用料を安くしたい方はお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です