Xperia Aの販売台数は1ヶ月で64万台!GALAXY S4は32万台 docomo発表

6943b020

docomoが2013年夏モデルとして発売し、「ツートップ」として重点的に販売促進を行ってきたSONYのXperia A SO-04EとSAMSUNGのGALAXY S4 SC-04E。

発売からおよそ1ヶ月たった6月18日、株主総会の場でこれら両機種の販売台数がそれぞれ発表されています。フリージャーナリストさんの石川温さんのTwitterで確認出来ます。

それによるとSONYのXperia Aは発売からおよそ1ヶ月で64万台という驚異的な販売台数を記録しています。またこちらも発売からおよそ1ヶ月となったGALAXY S4も32万台と前作GALAXY S3同様の好調な売れ行きを見せています。

docomoではこれら2機種を夏モデルのツートップと位置づけ月々サポートを増額し値下げ額を増やし、販促コーナーを充実させるなど優遇施策をとっています。またフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)利用者、10年以上の継続利用者に向けても優遇策をこれらの機種と合わせる形で行っており、その重点的な販促手法が結果として数字に現れてきています。

店頭ではフィーチャーフォン利用者の買い替え需要、または1〜2年ほど前のスマートフォンからの乗り換え需要を満たしているのがXperia A、スペックを重視した買い方や最新端末を欲しがる人からの需要が多いGALAXY S4といった並びになっているようです。

今回のXperia Aは前回発売されたXperia Zに比べてもスペック的にそれほど進化していない機種にも関わらず、ここまで販売台数を伸ばすことが出来たのは「ツートップ」戦術が消費者側にうまく機能したと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です