Googleグラスを採用したスマートメガネ「M100」が2013年に発売


M100

アメリカVuzix社は、2013年初頭に向けて、Googleグラスを採用したスマートメガネを市場へ投入する予定だ。

Bluetoothヘッドセットに似たこのメガネは、Android4.0をベースにした拡張現実ツールとして利用されることを想定し、接眼ディスプレイ、Wi-Fi、Bluetooth、720pのHDカメラ、ヘッドセンサーを搭載している

2013年初頭を目安に開発が続けられており、ハンズフリーでの通話、写真撮影、Webブラウジング、SMS、ならびにGoogleマップなどのサービスを使用してビジュアルナビゲーターとしての利用ができる予定だ。

M100-

ディスプレイ自体は、16:9のアスペクト比でWQVGAの解像度を保有し、視覚的には4インチのスマートフォンのディスプレイを見ている印象になるという。

ハンズフリーでの使用で、およそ8時間の使用に耐えるという。一方でディスプレイを使用した状態では2時間までが限界ということだ。

独特なデバイスということでVuzix社は対応アプリ開発者を募集している

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です