昼間の睡眠をとることによって得られる効果


 

 

 

カリフォルニア大学の研究によると、昼の間に20分ほどの睡眠をとることで 著しく生活が改善し、作業効率が数段アップするという発表がありました

ちょっとした仮眠を取ることで、以下のような効果があるといいます

  • 数十分の仮眠であるため、目覚めが重くならずさっぱりとしていて、生産性アップにつながる
  • 20分の昼寝は、朝に20分寝るよりも8時間分のスタミナを補給できる
  • ストレスに対する抵抗体が増え、ストレス耐性のアップ、ストレス軽減が効果に現れる
  • 数分でも脳の機能を解除することで、脳の疲労が大幅に軽減する
  • NASAによると、昼に仮眠することで認知能力が40%増加すると発表
  • 心臓疾患のリスクもおよそ40%軽減する
  • 記憶力の向上と運動能力のアップ
  • 精神的に安定した状態になり、活動的な気分を盛り上げる。創作意欲も増加する

単純な昼寝によるすっきり感という話ではなく、実験結果に裏打ちされた、健康や脳への効果がいくつも記載されています

特に精神的な安定感については人の取る行動の中でも、ずば抜けて高い効果を得られるということです

 

ここまで効果がある昼間の仮眠ですが、論文には幾つかの注意点が記載されています

  • 仮眠を取る場合昼の3時までにとること。それを過ぎると夜に眠れなくなってしまう
  • この効果は20分ほどの仮眠によるもので、30分以上になると脳が深い眠りの状態に入ってしまい、起きた時の倦怠感が大きく、逆に疲労が蓄積してしまう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です